イベント出展情報やコンサート、CDの発売情報など
※弊社出版楽譜をお使いの団体様で演奏会情報公開に同意いただけた場合に掲載しております。情報掲載ご希望の方はお気軽にご一報ください。

2011年10月03日

[演奏会情報] 2011年11月22日(火)19:00〜アンサンブル・オット・ヴォーチ・リサイタル(サックス8重奏)@トッパンホール

コンクールのチケットはハズれたのに、両親のために申し込んだ寄席のチケットはスパッと当たって、くじ運がいいんだか悪いんだか・・・な榊本です。ま、当たったからいいか。

さて、今日は弊社でもアレンジシリーズを出版させて頂いておりますアンサンブル・オット・ヴォーチさんの演奏会のご案内です。

2011年11月22日(火)19:00開演(18:30開場)
アンサンブル・オット・ヴォーチ・リサイタル
@トッパンホール


大きな地図で見る

前売:3500円(一般)2500円(学生)
当日:4000円
全席自由

<プログラム>
カンタータ第140番「目覚めよ、とわれらに呼ばわる」より第1曲(J.S.バッハ/金井宏光編)
ブラジル風バッハ第1番(ヴィラ・ロボス/内田祥子編)
タンゴ・バレエ(A.ピアソラ/内田祥子編)
委嘱作品(清水靖晃)
組曲形式による性格的小品(P.M.デュボワ/内田祥子編)

ottovoci_o.jpg
ottovoci_u.jpg



なかなか聞くことのできない8重奏のリサイタル。しかも女性ばかりの華やかなステージです。
普段よく耳にする4重奏とはまた全然違うシンフォニックな魅力がありますので、是非体感してみてください。



アンサンブル・オット・ヴォーチシリーズはこちらでどうぞ。

[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] クリスマス・メドレー: Christmas Medley
[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] クリスマス・メドレー( arr. 内田祥子)

【メドレー収録曲】
・Hark! the Herald Angels Sing(天(あめ)にはさかえ)
・SantaClaus is Comin' to Town(サンタが街にやってくる)
・White Christmas(ホワイトクリスマス)
・O Holy Night(さやかに星はきらめき)



[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] グレン・ミラー・メドレー: Glenn Miller Medley
[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] グレン・ミラー・メドレー(グレン・ミラー arr. 内田祥子)

【メドレー収録曲】
・Little Brown Jug(茶色の小瓶)
・American Patrol(アメリカンパトロール)
・Moonlight Serenade(ムーンライト・セレナーデ)
・In The Mood(イン・ザ・ムード)



[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] ムーン・リバー(映画「ティファニーで朝食を」より): Moon River from Breakfast at Tiffany's
[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] ムーン・リバー(映画「ティファニーで朝食を」より)(ヘンリー・マンシーニ arr. 内田祥子)

ドビュッシーの「月の光」のフレーズも取り入れられ、チャーミングなアレンジに仕上がっています



[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] ラプソディ・イン・ブルー: Rhapsody in Blue
[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] ラプソディ・イン・ブルー(ジョージ・ガーシュウィン arr. 内田祥子)

この曲はアメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンが1924 年に発表した作品です。
オリジナルはピアノ独奏と管弦楽の編成で書かれていますが、このアレンジではサクソフォン8本のみで全てを表現するため、アンサンブル全体でシンフォニックな響きを奏でる箇所と、ピアノの技巧的なカデンツァを数人で演奏する箇所とが配置されています。
難易度は高いですが、サックスの持つジャズとクラシック双方の魅力が活かされており是非チャレンジしてもらいたいアレンジです



[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] 映画「道」より: La Strada
[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] 映画「道」より(ニノ・ロータ arr. 内田祥子)

1954年製作・公開のイタリアの映画でフェデリコ・フェリーニ監督の代表作の一つ。音楽はフェリーニ作品を数多く手掛けたニーノ・ロータ。切ないトランペットの音色が印象的なテーマが胸に迫る名曲です。
フィギュアスケートの高橋大輔がバンクーバオリンピックで銅メダルを受賞したことでよく知られるところとなりました。



[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] 踊りあかそう(ミュージカル「マイ・フェア・レディ」より): I Could Have Danced All Night from My Fair Lady
[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] 踊りあかそう(ミュージカル「マイ・フェア・レディ」より)(フレデリック・ロウ arr. 内田祥子)

ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の中で、ヒロイン・イライザによって歌われるナンバーです。一人前のレディになるためにヒギンズ教授によって厳しく訓練されてきたイライザでしたが、この日初めて上流階級の話し方をマスターすることができ、教授と共に大喜びをした後に、一人でベッドに向かうも興奮が冷めず「一晩中でも踊っていたい!」と歌いあげます。演奏会を盛り上げるのにピッタリのナンバーです




というわけで、今日はアンサンブル・オット・ヴォーチさんのリサイタルのご案内でした。
11月22日@トッパンホールです。いい夫婦の日と覚えましょう(笑)


posted by fostermusic at 17:14| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報&レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック