イベント出展情報やコンサート、CDの発売情報など
※弊社出版楽譜をお使いの団体様で演奏会情報公開に同意いただけた場合に掲載しております。情報掲載ご希望の方はお気軽にご一報ください。

2014年05月26日

芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー 第1期生募集締切迫る(申込締切 2014/6/10!)

こちらからは久しぶりの更新です。いつもTwitterばかりで失礼しております。

さて、本日突然、東京芸術劇場から弊社宛に「芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー 第1期生募集」のパンフレットが送られて参りました。

20140526.JPG


げいげきういんど???
と読んでみますと、東京芸術劇場がプロ演奏家を育てる吹奏楽プロジェクトだそうです。
以下HPより
東京芸術劇場が今年度から開催する、プロフェッショナル演奏家を育成する吹奏楽プロジェクトです。吹奏楽団としての活動を通して、演奏技術の向上のためのレッスン及び演奏会やプロフェッショナル演奏家としてのキャリアアップゼミを提供し、次世代のプロフェッショナル演奏家を育てます。


ほほう!面白そう。
今や名門音楽大学を首席で卒業しても、それを職とするにはなかなか厳しい世の中・・・
こういうプロジェクトを通じて、少しでも多くの音大生がプロとして活動する夢を繋げられるなら素晴らしいことではないでしょうか。

募集要項を簡単にまとめると

応募できるのは・・・
◎音大卒業程度の専門性のある18歳〜概ね28歳までの人
※「概ね」とあるのでちょっとくらいオーバーしてても応募してみない手はないと思います。

オーディション日程は・・・
◎7月9日か10日のいずれか
※書類選考が通った時を想定して予定を空けておくべし

ココも重要!
◎ガイダンス、リハーサルに参加可能な人
2014年
 9/15(月)、9/27(土)、
 10/11(土)、10/25(土)、
 11/8(土)、
 12/15(月)、12/16(火)
2015年
 3/2(月)、3/10(火)、3/11(水)、3/12(木)、3/13(金)

最重要項目!!
◎応募締切は 2014/6/10(消印有効)
エントリーシートを印刷して郵送で応募

まずは書類選考があり、2次選考でオーディションという流れなので、
やってみたい!と思った人はとにかく書類を送ってみてはいかがでしょうか?


その他詳しい募集要項やエントリーシートのダウンロードは、こちらのオフィシャルサイトから。



3月13日の演奏会は、ぜひ聴きに行きたいなぁと思います。



posted by fostermusic at 15:29| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

そうだ!お盆休みは楽器屋さんへ行こう!2012 アンサンブルフェア開催のお知らせ

暑い日が続いていますが、元気にお過ごしですか?
連日のオリンピック観戦で、寝不足JAPANな方も多いのでは?
かくいう私も、にわかファンながら毎日繰り広げられる熱戦に手に汗を握っています。


さて、コンクールも今週末あたりで一段落といったところでしょうか。
少しずつアンサンブルのご注文やお問い合せが増えてきまして、次のシーズンの到来を感じる今日この頃です。

と!いうわけで、毎年全国の楽器店さんにご協力いただいておりますアンサンブルフェアを今年も開催!!! 順次各店舗さんにて展示販売が開始されま〜す。

最近はネットでゆっくり涼しく時間をかけて選べますが、実物を手にとって店員さんとあーだこーだ相談しながら選曲すると、画面と睨めっこで悶々と考えているとは違った目線が得られるというもの。
近くのお店、またお出かけ先の楽器店にふらっと入って楽譜や楽器を眺めて(衝動買いして)、みるというのもいい休日の過ごし方ではないでしょうか。
ネットでのお買い物では探しきれない掘り出し物に出会えることも!

と、ほとんど去年と同じことを申しておりますが(笑)ぜひぜひ夏休みのこの機会に足をお運びください。

フェアは夏休み期間のみならず年末近くまでのロングランとなっています。
ここは弊社の作品を是非手に取っていただきたいところですが、他社さんの楽譜もたくさん見比べられると思いますので、じっくり選んでお気に入りの一曲を見つけて下さい。

イベントアンサンブルフェア開催店舗様一覧
※開催時期、営業時間などの詳細は各店舗様へお問い合せ下さい。


北海道キクヤ楽器MAP011-271-5571札幌市中央区南3条西3丁目11
北海道三響楽器MAP011-684-1276北海道札幌市手稲区手稲本町2条3丁目9-1
北海道北海楽器MAP011-890-2255札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-2
北海道ヤマハ 旭川店MAP0166-27-0616旭川市4条通8丁目日本生命4条通りビル
北海道ヤマハ 五稜郭店MAP0138-52-2955函館市本町23-2マイズビル
北海道ヤマハ 札幌店MAP011-512-1726北海道札幌市中央区南10条西1丁目1-50ヤマハセンター1F
北海道よしや楽器MAP0176-57-2396三沢市大町2-13-45
宮城サンリツ楽器 石巻店MAP0225-22-6478石巻市中里2-1-3
宮城サンリツ楽器 古川店MAP0229-22-4024大崎市古川台町9-20
宮城サンリツ楽器 本店MAP022-265-6211仙台市青葉区一番町1-12-23
宮城ヤマハ仙台店MAP022-227-8513仙台市青葉区一番町2-6-5
山形辻楽器MAP023-622-4658山形市七日町2-1-8
山形富岡本店MAP023-641-0644山形市十日町1-2-25
茨城ウィンズ・ユー 牛久店MAP029-870-3663牛久市中央4-12-3
茨城黒沢楽器MAP0294-34-5251日立市千石町1-12-17
茨城かわまた楽器MAP029-226-0351水戸市泉町2丁目3-4
茨城関山楽器MAP029-273-6803ひたちなか市勝田中央10-4
栃木上野楽器MAP028-633-4286宇都宮市江野町4-6
埼玉ウインズMAP049-225-7535川越市山田西町253-3
埼玉昭和楽器MAP048-737-0300春日部市中央1-44-10
千葉伊藤楽器 北習志野店MAP047-465-0111船橋市習志野台5-40-10
千葉伊藤楽器 船橋店MAP047-495-3000船橋市本町1-9-9ルナパーク船橋1階
千葉伊藤楽器 松戸店MAP047-368-1161松戸市松戸1174-1
千葉伊藤楽器 ららぽーと店MAP047-435-1074船橋市浜町2-1-1ららぽーとTOKYO-BAY南館3F
東京宮地楽器 トップウインズMAP042-387-1231小金井市本町5-15-9
東京山野楽器 銀座本店MAP03-3562-5051中央区銀座4-5-6
東京ヤマハ 池袋店MAP03-3988-2915豊島区南池袋1-25-11第15野萩ビル
東京ヤマハ 銀座店MAP03-3572-3136中央区銀座7-9-14
神奈川セントラル楽器MAP045-324-3111横浜市神奈川区西神奈川1-15-2
神奈川ヤマハ 藤沢店MAP0466-27-0231藤沢市藤沢969
神奈川ヤマハ 横浜店MAP045-311-1202横浜市西区南幸2-5-9
新潟二葉楽器MAP025-525-1105上越市5-3-27
新潟わたじん 柏崎店MAP0120-415-117柏崎市岩上-18
新潟わたじん 新発田店MAP0120-973-022新発田市豊町2丁目4-16
新潟わたじん 村上店MAP0120-978-220新潟県村上市塩町11-11
山梨内藤楽器本店MAP055-243-8200甲府市大里町2195
長野音楽社MAP0263-32-9888松本市中央2-9-12
長野コダマ楽器MAP026-223-6000松本市中央3-7-28
長野美鈴楽器ライフ店MAP026-223-6000長野市大字南長野北石堂町1403-1
静岡ヤマハ 浜松店MAP053-454-4419静岡県浜松市中区鍛冶町321-6
愛知オリエント楽器 豊橋店MAP0532-54-5500豊橋市駅前大通2-33-1
愛知バルドン楽器 名古屋本店MAP052-331-3383名古屋市中区金山1-17-1 アスナル金山2F
高知楽器堂MAP088-824-1840高知市和泉町3-24中平ビル1F


それでは、弊社は明日から夏期休業をいただき、次の営業は17日(金)となります。
期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
みなさまもよいお盆休みをお過ごし下さい。


夏期休業のご案内


日頃より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
夏期休業日につきまして下記の通りご案内申し上げます。

8/11,12(土・日)休 業
8/13〜16(月〜木)夏期休業
8/17(金)短縮営業(10:30〜17:30)
8/18,19(土・日)休 業
8/20(月)〜通常営業(10:30〜18:30)

インターネット、FAXでのご注文・お問い合せは休業日も随時受け付けておりますが、発送業務および、お問い合せへの回答は翌営業日より順次行います。
期間中はご迷惑・ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
posted by fostermusic at 15:41| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

2012年6月3日 第2回江古田クラリネット祭 ツイートレポートまとめ

fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
そして打ち上げ(^-^)/ お疲れ様でした〜 #clafes http://t.co/gOXooh8q at 06/03 21:56
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
STOK本日のセットリスト ♪カリオカ ♪クレオールラブコール ♪ムードインディゴ ♪ドントゲットアラウンドマッチエニーモア ♪ソリチュード ♪オープリバーヴ ♪オングリーンドルフィンストリート ♪マスクラットランブル #clafes http://t.co/UeakfrFH at 06/03 21:55
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
江古田クラリネット祭、今回も
大盛況のうちに終演。いや〜楽しかった。STOKさんのセットリストはのちほど #clafes http://t.co/gSdOJMvd
 at 06/03 21:28
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
本日のトリは前回に引き続きSTOKの皆さん。大人の味わい(はぁと)メロメロです。 #clafes http://t.co/mZO3LERI at 06/03 20:11
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
アンサンブル スコヴィル本日のセットリスト。男前なプログラム ♪黒いオルフェ ♪楽天家に捧ぐ螺旋 ♪4人でタンゴ ♪スリーラテンダンス #clafes 11日もぜひお運びください! http://t.co/0K9puRD8 at 06/03 19:29
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
次はTCCPからのスピンオフ!アンサンブル スコヴィル。11日のファーストコンサート直前にご出演していただきました。11日は19時開演@石森イベントスペース 3000円です。 #clafes http://t.co/978YjeYO at 06/03 19:02
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
木炭 本日のセットリストは踊りがテーマ ♪デカリシモ ♪ワルツィングキャット ♪デビルズダンス ♪ドラゴンクエストメドレー ♪アルメニアンダンス Part1(!!)♪トゥナイト http://t.co/RX6Tx5yw at 06/03 18:44
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
メタリカを吹く渡邊さんのバスクラがだんだんマイクスタンドに見えてきました(笑) #clafes http://t.co/khV5BEeh at 06/03 18:18
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
前回に引き続き二度目のご出演、バスクラリネットアンサンブル木炭さん。見た目だけでも響きが伝わるのではないかと。聞けば貴方もバスクラの虜。 #clafes http://t.co/vv3XqWze at 06/03 18:05
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
パズルアンサンブル本日のセットリスト♪アイゴットリズム ♪情熱大陸 ♪ブエノスアイレスの春 ♪タンゴ組曲 ♪宝島 #clafes http://t.co/qrXDNyBb at 06/03 17:51
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
ゲストライブ始まりました。パズルアンサンブルの皆さんです。カルテット wt ドラムスの編成。アルコールも解禁になりました(笑)夜の部も盛り上がって参りましょう〜 http://t.co/GbTEQxvv at 06/03 17:08
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
ブースも盛況です。音大生の皆さんもディヴィンヌがかーなーり気になってる模様 #clafes http://t.co/RWgP4XUE at 06/03 16:10
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
谷口英治( @claclaclarinet )さんもディヴィンヌを試奏。好印象!オススメ!!とのこと♪ 購入検討中の方は候補にいれてみては? #clafes http://t.co/mPAHIwVm at 06/03 15:56
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
こちらも地元、日芸の皆さん。品川門下生のアンサンブルということで通称シナちゃんズ。今回最多の10名で参加してくれました。カラフルなレインボーカラーのポロシャツで登場です。 #clafes http://t.co/KT8VoDjA at 06/03 15:35
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
地元江古田の武蔵野音大MOCの皆さん。こちらも8重奏で、サンサーンスの動物の謝肉祭。 http://t.co/bQo4J5bO at 06/03 15:13
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
次は芸大の皆さんで、台東A la Carte。アラカル“テ” と読みます。8重奏になると一気にシンフォニックな響きに。ハンガリー舞曲6番と魔法使いの弟子を演奏していただきます。ライブハウスで聞くクラシックもオツなものです。 #clafes http://t.co/cOuAgccp at 06/03 14:39
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
東京音大いけふくろうず 2nd seasonの皆さんです。写真ではわかりにくいですが、衣装を企業Tシャツで統一。なかでも久米仙が男前です(笑) http://t.co/gZhL69CU at 06/03 14:03
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
お次も洗足からの出演。ジャズクラリネットアンサンブルMJQの皆さんです。 #clafes http://t.co/6sDliJYE at 06/03 13:34
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
トップは洗足学園いちごのみカルテット♪ 女の子らしい可愛らしい4人組です。 #clafes http://t.co/xsQFHPdg at 06/03 13:06
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
間もなく開演でーす。江古田クラリネット祭 #clafes http://t.co/WYtmDLAY at 06/03 12:44
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
先着99名様にステッカープレゼント!江古田クラリネット祭 #clafes http://t.co/haxrkT6l at 06/03 11:39
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
今日のクラリネット祭にはクランポンさんも出展。新作ディヴィンヌの試奏もできます! #clafes http://t.co/9MJ8URP8 at 06/03 11:18
fostermusic_jp / フォスターミュージック 榊本真希
本日13時より江古田クラリネット祭開催。西武池袋線 江古田駅南口下車すぐの江古田Buddyに集合!21時頃までワイワイやってますのでふらりと立ち寄ってみては? #clafes at 06/03 10:23
posted by fostermusic at 11:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

今日は何の日?1891年4月23日 セルゲイ・プロコフィエフ誕生

週末は怒涛の演奏会二連発でした。
体力的にはかなり苦しいものがありましたが、精神的には本当に幸せいっぱい胸いっぱいの二日間。
雲の上の存在のような素晴らしい音楽家の指揮のもと、大好きな仲間とステージに立ち、たくさんのお客様からの温かい拍手に包まれていると、心の底から幸福感があふれ出してきて、吹きながら何度も泣きそうになりました。
今朝はあまりにも幸せすぎてまだ夢見心地だったのですが、今日は怒濤の出荷ラッシュで一気にオシゴトモード。
でも、楽譜をお届けしたお客様にもステージで味わう幸せな瞬間が必ずあることを想像すると、改めてこの仕事をやっていてよかったなぁと思えたり、本当にいいリフレッシュ週末になりました。

さて、今日はセルゲイ・プロコフィエフさん(1891年4月23日 - 1953年3月5日)のお誕生日。
というわけで、もちろんこの作品をご紹介します。自由曲にも人気です!

[吹奏楽-レンタル譜] 組曲「ロメオとジュリエット」: ROMEO and JULIET
[吹奏楽-レンタル譜] 組曲「ロメオとジュリエット」(セルゲイ・プロコフィエフ arr. 鈴木英史) FML-0025

ロシア(ソビエト)の作曲家は、バレエ音楽に名作を多く残している。チャイコフスキーは言うまでもなく、グラズノフ、ストラヴィンスキー(純粋にロシアの作家とは言い難いが)、そしてプロコフィエフも「ロメオとジュリエット」「シンデレラ」「道化師」「石の花」など7曲ものバレエ音楽を書いている。「ロメオとジュリエット」はロシア革命後に海外に拠点を移していた彼の、祖国復帰第一作目となった作品。
ロシアに題材を求めず、シェイクスピアの原作を扱った点が興味深い。当初彼は、悲劇で終わるこの物語がバレエには相応しくないと考え、原作とは異なる終わり方(ジュリエットが自害する前にロメオが到着しハッピーエンドで終わる)で作曲し、その形で初演の練習を進めた。しかし、変拍子やリズムの特異さ(今となっては普通だが)が踊り手達の技術的混乱を招き、また原作と異なる終結部も不評であったため、初演は取りやめになってしまう。
初期の彼の作品より穏当な作風のこの名曲も、このように不幸なスタートであった(チャイコフスキー「白鳥の湖」の初演失敗を思い起こす)。そのため彼は、全曲から演奏会組曲を3つ編むが、それは原曲そのままの形でなく、いくつかの場面を合わせて新たに構成しなおし、純粋に管弦楽曲として考えられた形になっている。
その為大変に演奏効果が高く、今では人気が高い作品になっている。このCDに収録されたアレンジは、2008年に三重県立白子高等学校吹奏楽部の委嘱、顧問の桐生智明氏の構成(カット含む)により編曲された。全てカット版である。(鈴木英史)





今日は、私の学生時代の先輩でもあり公私ともにとてもお世話になっている、渡部哲哉さんのお誕生日でもあります!
先輩、お誕生日おめでとうございま〜す!

最新作はこちら↓
[吹奏楽-レンタル譜] スプレッド・ブリリアント・ウィングス〜輝く翼を広げて: Spread Brilliant Wings
[吹奏楽-レンタル譜] スプレッド・ブリリアント・ウィングス〜輝く翼を広げて(渡部哲哉) FML-0078

 青森県八甲田吹奏楽団からの依頼により2009年に作曲。同年に行われた第10回サウンド・フェスティバルで初演されました。
 どこまでも空高く、そしてどこまでも遠くへ行ける大きな翼を持ち、遙か彼方の地平線(夢)へ向かって地上の風景(時代)を見つめ、時には自由に飛び回り、そして時には羽を休め、あと戻りのできない次々と過ぎ去る景色(過去)を見ながら、羽ばたいている大きな鳥をイメージしています。
 曲は、1980年〜1990年代に一世風靡した作曲家、A.リード、J.バーンズ、J.スウェアリンジェン、C.T.スミス等の曲想を意識し「急−緩−急」のスタイルで構成しています。私自身もこの時代に吹奏楽を始め、彼らの作品で吹奏楽が大好きになりました。そんな作曲家たちへの敬意を表す気持ちも込められています。



こちらのアレンジも大人気です!
[吹奏楽-販売譜] 「ALWAYS 三丁目の夕日」ハイライト
[吹奏楽-販売譜] 「ALWAYS 三丁目の夕日」ハイライト(佐藤直紀 arr. 渡部哲哉) FMP-0011

漫画家「西岸良平」氏が、昭和33 年に着工された東京タワーを背景に下町に暮らす個性豊かな面々が織り成す感動と希望の物語を描き、今も人々に愛され続ける人気作品「三丁目の夕日」。これまで30 年以上にわたって連載、シリーズ発行部数1800 万部を突破しました。2005 年には「ALWAYS 三丁目の夕日」として遂に映画化され「昭和」ブームを巻き起こしました。この作品は多くの映画賞を受賞し、2006 年の日本アカデミー賞最優秀賞発表では、13 部門中12 部門で最優秀賞を獲得しました。その後2007 年には多くのファンの声に応えて、続編も制作され話題となりました。
作曲を手がけたのは、作曲家の佐藤直紀氏。1993 年に東京音楽大学作曲科を卒業した後、映画、ドラマ、CM音楽、ミュージカル音楽、主題歌・挿入歌の作編曲を手がけ、様々な音楽分野で活躍しています。
これまでに手がけた作品の中には「海猿」「ウォーターボーイズ」「GOOD LUCK!!」「ふたりはプリキュア」等があり、いずれも印象に残る甘美な旋律で、解りやすく誰にでも親しみやすい音楽性を持ち、心に染み入るような美しい旋律が大きな特徴です。
このアレンジは、その「ALWAYS 三丁目の夕日」と「ALWAYS 続・三丁目の夕日」からの音楽を抜粋、ハイライト版として再構成しました。原曲の雰囲気を損ねることなく、吹奏楽ならではの響きを重視したオ-ケストレーションとなっています。(渡部哲哉)

メドレー収録曲
「ALWAYS 三丁目の夕日」より
 (希望を胸に/ 初めての東京/ 怒りの鈴木オート/ 少年冒険団II/ 冬の日の出来事/ALWAYS 三丁目の夕日)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」より
 (最終選考に沸く三丁目の人々)



アンコンでも話題沸騰。
[木管3重奏-アンサンブル楽譜] 落ち葉の舞う季節: The Season which Fallen Leaves Dances
[木管3重奏-アンサンブル楽譜] 落ち葉の舞う季節(渡部哲哉) FME-0027

全てのものが色鮮やかに見える季節「秋」...。時には気持ちを晴れ晴れとさせ、時には哀愁漂う様相を醸し出す...。
そんな時だからこそ、その魅力に引き込まれるのかも知れない。その中でも広葉樹の葉はその姿を一変させ、我々の気持ちを魅力あるものにしてくれる。町中で見かけるのが「葉が落ちる風景」。どこにでもあるこの風景が、季節の色彩と相まって様々な情景を作り出す。
そんな風景をイメージしつつ曲にしたのがこの作品です。哀愁漂い少しもの悲しい旋律と、落ち葉が自由気ままに落ちていく様子、澄み切った空から明るい未来を切り開いていく旋律で構成されています。
原曲は静岡県立浜北西高校吹奏楽部より委嘱され、2004年に作曲。(渡部哲哉)

☆第32回アンサンブルコンテスト全国大会にて、神奈川県代表日立ソフトウェア事業部音楽隊が演奏し金賞を受賞しました




その他渡部哲哉作品はこちらからどうぞ。


ではでは、また次回!
posted by fostermusic at 18:32| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

今日は何の日?1826年4月12日 オペラ「オベロン」初演

昨日は新企画の打合せで埼玉方面へお出かけ。
月に2回はアンサンブルの練習に出かける場所にほど近いところなので、見慣れた風景と言えば見慣れた風景なのですが、仕事で行くと気分が違います。
敏腕デザイナー下野ツヨシさんと、楽譜制作でもお世話になっている下野恵美子ご夫妻と共に、美味しいドイツビール&ドイツ料理を頂きながら“いたって真面目に”打合せをして参りました。
ま、あらかた打ち合わせることが済んでしまえばお互いの苦労話やらココが変だよ○○的な話しまで業界話に花が咲き、かれこれ4時間ばかり“いたって真面目に”打合せをして参りました(笑)
なにはともあれ、楽しくワイワイやりながらいい企画が生まれていく瞬間が一番楽しいですね!
イイ時間でした。


さて、1826年の今日、C.M.v.ウェーバー(1786-1826)の全3幕のオペラ「オベロン」が初演されました。
この作品のコヴェントガーデン歌劇場から委嘱を受けたときには既にウェーバーの体は結核に冒されており、異例の早さでこの作品を書き上げたそうです。
病苦を押して渡英し、自らのタクトで大成功を収めた初演からわずか2ヵ月後に死去。この作品が遺作となってしまいました。ウェーバー40歳のときことでした。

オベロンとは妖精の王様の名前で、この王のオベロンと王妃ティタニアが、男と女のどちらが移り気かというささいなことから言い争いとなり、心変わりしない恋人たちが現れるまで仲直りをしないことに決めてしまう、というところからお話しが始まります。
なんつーか、くだらないというかなんというか・・・(笑)

格好の実験台として白羽の矢を立てられたのがフランスの侯爵ヒュオン。王様は魔法の笛を持たせ、バグダッドの太守の娘レツィアをものにしろ!と従者のシェラスミンと共に旅に出します。

変装をしてバグダッドの太守の城に乗り込んだヒュオンとシェラスミン。怪しい奴との疑いをかけられ捕まりそうになりますが、ここは魔法の笛が役に立ち、娘のレツィアを連れ出すことに成功。ついでに侯爵の従者シェラスミンもレツィアの侍女ファティメと仲良くなって、2組のカップルが誕生。

4人はフランスを目指し船に乗り込みますが、妖精のいたずらで遭難し離ればなれに。海岸に打ち上げられ一命を取り留めますが、笛も流され為す術もないヒュオンの元へ妖精の国から助っ人登場!3人が囚われているチュニスの太守の宮殿へと運ばれるのでした。

ヒュオンは、幽閉されているレツィアを救い出すべく画策しますが埒があきません。チュニスの太守は妻がいるにもかかわらずレツィアを執拗に口説こうとし、その妻もその妻でヒュオンを色仕掛けで落とそうとします。
しかし恋仲の二人は頑なに拒否し続け、ついにヒュオンは処刑宣告されてしまいます。

広場に刑場が用意され、ヒュオンへの最期のチャンスとして、太守はレツィアを渡せば命を助けようと言いますが、愛を貫く決意が固いことを認めると、二人共々死刑にすると叫びます。
その時、シェラスミンが魔法の角苗を吹き鳴らすと人々が踊り出しお祭り騒ぎとなって死刑どころではなくなってしまいます。
そこに、ドッキリの如く王オベロンと王妃ティタニアが現れ、恋人たちの固い操のお陰で、王夫妻も和解できたと喜び、恋人たちの愛を讃え、めでたしめでたし。。。

なんだか時空間がよくわかりませんが、妖精の国のくだらない痴話喧嘩から操のかたさを試される可愛そうな若いカップルが大迷惑する話、ってことですかね。

初演は大成功だったようですが、今では台本が支離滅裂でオペラとして上演されることはほとんどなく、序曲だけが単独で演奏されることが圧倒的に多くなっています。





お話しはともあれ、音楽は傑作なのでチャレンジしてみてください♪

では、また次回!


posted by fostermusic at 16:02| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

今日は何の日?1916年4月11日 アルベルト・ヒナステラ生誕

昨日は渋谷のシャレオツなジャズライブハウスJZ Brat Sound of Tokyoで、自称くらげバンド、ジェリーフィッシュ・ブラス・プロップさんのライブに行ってきました。
CD「KURAGE」を聞いて、これをライブでやるって言うとどうなるんでしょ?と想像が付かずにいたのですが、聞いて納得、見て納得。
コンピューターサウンドも駆使しこれまでの金管アンサンブルにはない独自の世界に引き込まれること2時間半、新進気鋭の映画監督(お名前失念ふらふら)とコラボした短編映画の上映もあり、期待以上のパフォーマンスに大満足で帰って参りました。(遅刻してしまったのが悔しい・・・)

なにがなんでもアコースティックじゃなきゃ!という方には受け入れがたい部分もあるかも!? ですが、兎に角クールなアルバムなので未体験の方は是非。



さて、今日はアルゼンチンを代表するクラシックの作曲家、アルベルト・ヒナステラさん(1916年4月11日 - 1983年6月25日)のお誕生日。
アルゼンチンと言えばピアソラを思い浮かべる人も多いかと思いますが、ラテンアメリカでもっとも重要なクラシック作曲家の一人です。ちなみにピアソラはヒナステラの初期のお弟子さんだったそうです。

吹奏楽で演奏される機会は多くありませんが、魅力的な作品が多い作曲家ですので機会があればぜひ取り上げていただきたいです。(編曲許諾を取るのは難しそうな雰囲気がしておりますが・・・)

コンクールなんかにもよさそうな気がします。



こちらはアンコールにいかがでしょうか?



それではまた次回!

今日はこれから金管アンサンブルの新企画のデザイン打合せ。どんどん全貌がはっきりしてきてワクワクです。

posted by fostermusic at 15:18| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

今日は何の日?1971年4月6日 イーゴリ・ストラヴィンスキー没

演奏会前ってピリピリしますよね〜。
目指すゴールは大抵みんな一緒だと思うんですが、それまでの道順に違いがあるとちょっとしたことでぶつかってしまったり。
そんなことがつい先日ありまして、これが高校生とかだったらワーッと喧嘩したりして雨降って・・・的な治め方になるんでしょうが、オトナになるとそうもいかず、久々にものすごく頭を使いました(笑)
どうにかうまく収集がついてよい方向になりましたので(ので、っていうのもおかしいですが)よかったらお越し下さいませ。

<私的宣伝タイム>

thats2012.jpgザッツ・サクソフォン・フィルハーモニー
第9回定期演奏会
2012年4月21日(土)
開場 17:30 開演18:00

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
カルチャー棟大ホール
 小田急線「参宮橋」駅より徒歩約10分
 東京メトロ千代田線「代々木公園駅」(四番出口)徒歩約10分

全席自由 1000円(小学生以下無料)



今年はオリンピックにちなんでイギリスをテーマにプログラムを組んでおりまして、ここで初演となるチャップリンの「ライムライト」は、スピリタス、オットヴォーチなどを手がける内田祥子さんのアレンジで弊社より出版予定でございます手(チョキ)
SSAATTBBの8重奏版です。かなりいいです!お楽しみに。


さて、今日はイーゴリ・ストラヴィンスキー(1882年6月17日 - 1971年4月6日)さんの命日。
言わずもがなロシアの大作曲家で、今年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(いつまでたっても、フォルル?フォルネ?ジュルル?ってなりませんか?)のテーマである「サクル・リュス」は、ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」にちなんで名付けられました。
公演プログラムでもた〜っぷりストラヴィンスキー作品が演奏されますね。

ではでは楽譜を紹介しまーす、といつもならなるのですが、ストラヴィンスキー作品はとりわけ著作権の規制が厳しい作曲家で、残念ながら日本では編曲作品は恐らく日本ショットさん以外からは出版されておりません。
編曲許諾もほとんど下りないと考えていいと思いますが、どーーーーしても!という方は日本ショットさんと交渉を。

というわけで、今日は編曲許諾のこと。
なんとなく難しいとか怖いとか考えている方が多いと思うのですが、実はそんなに難しくないことが多いです。
とりあえず、著作権保護期間内の作品を編曲する前に管理出版社に電話を一本。
既に出版されているものなら問題ないですが、自分でアレンジをする自分のためにアレンジしてもらう場合には、たとえ許可が下りることが分かっていても電話をしておくのが安心です。
2008年3月26日の記事でも触れていますので、こちらもご参照を。

ちなみに、さっき宣伝した演奏会で「パイレーツ・オブ・カリビアン」のメドレーを演奏するのですが、CD,DVDなどの録音・映像に残さず、演奏のみということであれば電話1本でOKでした。
楽譜出版社の常識として「Disney作品はNG」という頭があってちょっとビクビクしながら電話したので拍子抜けしました。
なにはともあれ、自己判断できるものではないので電話してみることにつきますね。


編曲許諾の代行などはしていませんが、出版社の連絡先を調べたりするくらいならお手伝いできることもあると思うので、JASRACに電話するのも緊張するなぁという場合はご相談下さい。

ではでは、また次回♪

そうだ!これはお友達の宣伝。
専門学校で同級生で、今ウィーンでトランペットを教えている石井里佳さんが、明日と9日に日本で演奏会をしますので、お時間ある方は是非。

ピアノとトランペットのクラシックデュオコンサート
rika.jpg

 ♪ピアノ:大石恭子
 ♪トランペット:石井里佳

4/7(土)
 横浜市イギリス館
 19:00開演
 18:30開場
 入場料 2000円 (当日2500円)
http://www2.yamate-seiyoukan.org/seiyoukan_details/Igirisukan

4/9(月)
 逗子市文化プラザさざなみホール
 14:00開演
 13:30開場
 入場料 2500円 (当日3000円)高校生以下1000円
http://www.bunka-plazahall.com/koutu.html

今回は主にオーストリアの作曲家の作品を中心とした、多くの方が聴き馴染みのある曲を集めましたとのことです。お近くの方はお運び下さい。私も明日応援に行きます。久々の再会が楽しみ〜

posted by fostermusic at 17:56| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

[新譜情報] 10月14日 小栗克裕氏アンサンブル楽譜「Quasi Astor(fl.6)」「ふるさと(cl.8)」「月の砂漠(cl.8)」「荒城の月(cl.8)」発売

ジョブズさんの訃報に眠気も一気に吹き飛んだ今朝でしたが、今日一日のTwitterの動きなどを見るとこの人にというかAppleに影響を受けた人は本当に多いようで、つぶやきの大半がジョブズ氏関連のものになっていますね。

私が通っていたコンセルヴァトアール尚美(当時)ではマルチメディアなんとかという授業があって、その教室に置いてあったLC630がMacとのファーストコンタクトでした。まだポケベル全盛の時代です(持ってなかったけど)
その授業に特にハマったというわけではなかったのですが、Finaleって言うソフトできれいに楽譜を作ったりも出来るらしいと言うことを知り、こりゃ編曲の授業もアンサンブルの写譜も格段に楽になるぞ!という打算(誤算!?)と、当時のボーイフレンドがメカマニアだったことも影響して、そそのかされるがままに中古のPowerBook 5300CSを秋葉原のソフマップで20万以上を3年だかのローンを組んで購入。仕送り&バイト生活の極貧学生だったのでもちろん親には内緒でw

庶民の間にもじわじわとインターネットが普及し始めパソコンを持つ人も急増していた頃でしたが、まだ管楽器のアナログな世界に生きていた私の周りには自宅にパソコンがある人はあまりいなくて、榊本=Mac持ってる=パソコンが使えるらしいということで、演奏会のチラシを作ったり楽譜を作ったりしていたことで重宝がられ、それが高じて就職先を紹介してもらい音楽出版業界に運良く入り込むことが出来たおかげで現在に至ります。(1ン年省略)

今思えば、20万出すなら楽器に金かけろよ!と思わなくもないですが、あの清水の舞台から飛び降りるような気持ちで組んだローンのおかげでこの仕事に繋がってると考えれば、充分すぎるほど元は取ったかなという感じです。

しばらくMicrosoftに浮気した時期もありましたが、Macと共に歩んできた東京生活といっても過言ではありません。
ジョブズ氏に感謝。これからもよろしく。

というわけで、ごくごく私的な追悼メッセージでした。




さて、長くなりましたが新譜のご案内です。もちろん楽譜はMacで作りました(笑)


10月14日 小栗克裕氏アンサンブル楽譜「Quasi Astor(fl.6)」「ふるさと(cl.8)」「月の砂漠(cl.8)」「荒城の月(cl.8)」発売


[フルート6重奏-アンサンブル楽譜] クアジアストル〜アストル風に:
[フルート6重奏-アンサンブル楽譜] クアジアストル〜アストル風に(小栗克裕)

アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla, 1921〜1992)はアルゼンチンの作曲家、バンドネオン奏者として独自のスタイルによるタンゴを確立させました。その作風や和声を模倣し、しかも作品のモチーフをちりばめ、ピアソラの好んだフーガまで盛り込んだ「アストル・ピアソラ風」作品が、この「Quasi Astor」です。私も小学校時代住んでいたゆかりのある長野県松本市で、フルート教室を主宰なさっている居石ひとみさんの委嘱によって書かれ、多くの高校生達がこの作品でアンサンブルコンテストに出場しています。


[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 「荒城の月」による変奏曲: Variations on
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 「荒城の月」による変奏曲(瀧廉太郎 arr. 小栗克裕)

瀧 廉太郎作曲「荒城の月」に前奏、間奏、後奏をつけ、テーマと二つの変奏曲にまとめた作品です。
オブロー・クラリネット・アンサンブルの委嘱により定期演奏会で初演されています。


[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] ピアソラ風「月の砂漠」:
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] ピアソラ風「月の砂漠」(佐々木すぐる arr. 小栗克裕)

佐々木すぐる作曲「月の砂漠」をピアソラ風にアレンジ、というよりはピアソラの作品の上に「月の砂漠」の旋律が乗っているような作品です。アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla, 1921〜1992)はアルゼンチンの作曲家、バンドネオン奏者として独自のスタイルによるタンゴを確立させた人です。
ピアソラの作品のスペシャリストでもあるオブロー・クラリネット・アンサンブルの委嘱により編曲されました。
ピアソラのタンゴは、やはり彼のバンドネオン自作自演による1980年代中期からのキンテート(5重奏)の演奏を参考に聴いてみてください。一押しは「Tango: Zero Hour」 (1986)でしょう。


[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 「ふるさと」による変奏曲: Variations on
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 「ふるさと」による変奏曲(岡野貞一 arr. 小栗克裕)

唱歌「ふるさと」に前奏と後奏(「ふるさと」のモチーフをポリフォニーの手法で展開させて)をつけ、テーマと二つの変奏曲にまとめた作品です。オブロー・クラリネット・アンサンブルの委嘱により定期演奏会で初演されています。




すべての作品のサンプルスコアと、月の砂漠を除く3作品の音源も公開していますので、是非チェックしてみてください。





posted by fostermusic at 19:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

今年も一年ありがとうございました。

早いもので2010年も本日で仕事納め。フォスターミュージックの3期目が終わりました。
右往左往しながらの3年間ではありましたが、なんとか軌道に乗せることが出来たのも、お客様、作家の皆さん、演奏者の皆さんなどなど数え切れない人たちがご支援のおかげ。
月並みではありますが、ぴかぴか(新しい)感謝ぴかぴか(新しい) の2文字以外に適当な言葉を見つけることが出来ません。

来年は、ウサギさんにあやかってさらに飛躍の年にすべく、またステップアップして参りたいと思いますので、明くる年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。


新年は1月5日より営業いたします。

尚、休業期間中もインターネット、FAXによるご注文・お問い合せは随時受付致しておりますが、いただきましたご注文、お問い合せにつきましては1月5日より順次対応させていただきますのでどうぞご了承ください。
期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。


それでは、みなさまよいお年をお迎えください。
posted by fostermusic at 18:49| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

フォスターミュージック第3弾レコーディング!

おっはようございまーす(^O^)今週はいつもよりだいぶ早起きの榊本です。


というのも、29、30日とリハーサルを致しまして、本日より2日間、フォスターミュージック第3弾のレコーディングなのです。

今年も海上自衛隊東京音楽隊さん、加養浩幸先生、CAFUAレコードさんの絶大なご協力を頂きまして、用賀にあります東京音楽隊奏楽堂にて録音が始まりました。

今回で3回目ということで、いい意味で慣れてきたというか馴染んできましたが、やはり毎年新鮮な緊張感があります。

リハーサルではいろいろと譜面データのミスやら(汗)、疑問が見つかったり、今朝もちょっとした予定変更があったりとバタバタして気が抜けません。

しかーし、こと演奏・録音に関しては全くもって心配しなくていいというのはなんとも心強い限り。

裏方として2日間がスムーズに進むように頑張るのみです。




毎年思うんですが、こうやってたくさんの人が動いて下さってひとつのCDを作り上げていくというのは本当に感慨深いものがあります。

こうやって録ってる間もジャケットなんかを作っていく過程でもマスターを聞いてもできあがったて納品されたときも店頭に並んでるのを見ても、商売とかそういうのを抜きにして純粋に作ってよかったなーって思うんです。
ヤッター!みたいな(笑)

もちろん売れた方がいいし、売れないと実際困っちゃうんですけどね(^_^;)
なので、買ってください(笑)



収録内容近日公開!お楽しみに
posted by fostermusic at 10:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

吹コンと合唱コンと管楽合奏コン

昨日、即売ブースに来てくださった仙台の八軒中学校の生徒さんのおばあちゃんが、「明日は合唱でこれから子供たちは兵庫に行くのよ」という話しをしてくれました。
吹奏楽部=合唱部、指導している先生も一緒なんだそうで、両方で全国大会出場を果たしたとのこと。
いやー、びっくりびっくりです!
おばあちゃんとひとしきり盛り上がってしまいました。

おばあちゃんは兵庫までは行かないそうですが、娘さんが関西にいらっしゃるそうで、兵庫でも応援部隊がいるみたい。遠征先にもサポーターがいるというのはホントに心強いものですよね。今日も素晴らしい歌声を響かせてもらいたいです。頑張れ八軒中学校!!


そして昨日と今日は管楽合奏コンも開かれているんですよね。
昨日が高校、今日が中学と吹奏楽コンクールの全国大会とはテレコになっていて、両方に出ている学校もいくつかあるようです。

表彰式のあと、松戸四中の須藤先生は「これから帰ってまた練習だ」と忙しそうに生徒さんのもとに走っていかれました。名誉なこととはいえ、いやいやこちらも大変。
疲れと寒さで風邪をひいたりしないことを祈るばかりです。


みんな頑張って〜
posted by fostermusic at 07:43| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

今日は何の日

朝からストラヴィンスキーの作品の取扱について、日本の版元であるショットさんから連絡があり、その後JASRACさんにも細かい確認をとっていました。

そんな折、Twitterではタイムリーに「今日はストラヴィンスキーの誕生日」という話題。
なんだが勝手にご縁を感じてしまったのでした。

その後誕生日つながりで、今日はオーエン・リードさんの100回目の誕生日だということも判明。

O.リードさんといえば「メキシコの祭り」。お誕生日祝いに!? 久々に引っ張り出してかけてみました。



いい曲だなぁ〜改めてと思うと同時に、とにかく落ちないようにってことで必死だったなぁというレコーディングの思い出まで引っ張り出されました(汗)

ちなみにこのCDには目下弊社の一番人気「マードックからの最後の手紙」も収録されていますので、ご興味あるかたはポチッとしてみてください。


どんな曲だっけ?と思った方は、着うたフルで‘今すぐ’聞けます。
docomo > http://bit.ly/9YOraf
au,softbank >http://bit.ly/bWs6Bw
(※PCからのアクセスは出来ません)


そんなわけで、6月20日朝8時15分からのNHK-FM「吹奏楽のひびき」では、オーエン・リード 生誕100年特集が組まれています。
http://www.nhk.or.jp/classic/hibiki/

メキシコの祭り「以外で」プログラミングしてあるあたりがグッと来ますね。

え〜、メキシコも聞きた〜い!というあなたもご安心を。
明日の16時30分〜17時15分の再放送で九州管楽合奏団、福岡工業大学吹奏楽団の演奏による「メキシコの祭り」がバッチリ聞けます。

さすが中橋さん!ぬかりなし(笑)



というわけでTwitterネタをフォスター的にまとめてみました。



余談ですが、今日(というか明日)27:30からはフランス×メキシコ戦。両国とも決勝トーナメント進出には負けられない試合ですが、なんとなく今日はメキシコを応援(オーエン)してしまう榊本でした。

おあとがよろしいようで。チャンチャン
posted by fostermusic at 16:36| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

駆け込み注文!?増えてます

このところ楽譜の注文はずいぶん落ち着いていたのですが、各地区コンクールの締め切りも間近ということでなのか、先週末は予想以上にたくさんのお申込を頂きました。ありがとうございます。

ご検討中の皆様方、弊社レンタル・販売譜は最短翌日お届け可能*ですので、お気軽にご相談下さいませ。
お電話でのご注文も承ります。
フリーダイヤル 0120-916-773
(携帯・PHSからは047-402-3851)

尚、レンタル楽譜については事前に「レンタル楽譜使用許諾申請書」のご提出をお願いしておりますので、こちらをご一読いただきお申し込み下さい。

ご注文心よりお待ちいたしております!




*配送について:千葉県から発送いたします
北海道・九州・沖縄は翌々日お届け
※離島は地域によって3日後になる場合もございます
posted by fostermusic at 13:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

気をつけなければ・・・

100611_150900.jpg
ご覧の写真は我が社のゴム印。
よくある分割できるタイプのもの。
 ※使い古して汚いのはご愛敬

これに追加をしたいなぁと思う項目が出来たので、某大手インターネットモールで発注したところ、下の木目のタイプの分割印が届いてしまいました。

「トホホ、間違って注文しちゃった〜。全然合わない(泣)」
と、確認もせずにいたのですが、別の備品を注文するためにネットを見ていたら‘最近チェックした商品’欄に白いタイプのゴム印が。

あれ?と思い、電話で確認をしたら(先にやれって話ですけどね^^;)やはり間違えていたのはお店さんの方だったようで、作り直していただけることになりました。

よかった〜と思いながら、弊社も誤納品には気をつけないとと気を引き締めた次第。



個人でも結構便利なこの分割印、おひとつ作ってみたらいかがでしょ?(笑
以上余談でした〜
posted by fostermusic at 15:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

出会いあれば別れあり

フォスターミュージックを立ち上げてからず〜っとお世話になってきた、宅急便の3人の担当者さんのうち2人も異動になってしまって、ちょっと寂しい榊本です。

まだまだ出荷がほんの少しのころからずっと支えて下さって、少しずつ物量が増えてきたときにバッチリなタイミングで新しいサービスを紹介していただいたり、休日出勤の日に集荷に来てもらったりすると労いの言葉をかけてもらったり、本当に心から信頼のおける担当者さんで、通販を営む者としてはとても心強い気持ちでしたし、営業マンとしての姿勢も毎日接しながらいろいろと学ばせてもらいました。
この場を借りて、ありがとうございました。

こういうのってその人の人柄ももちろんありますが、社風なんだろうなぁって常々思います。
私もいい社風を作れる社長であり、社員であるよう心がけたいと思います。


そんな折、大学生と思われる男の子から新卒の募集はないかという問い合わせの電話を頂きました。
あいにく私は別の電話に出ていてそのお電話には出られなかったのですが、こんな小さな会社にも興味を持ってくれるというのはありがたいことです。
まだまだ体力がなく期待に応えられなくて申し訳ない限りですが、そういう視点で我が社を見てくれている人もいるということがとても嬉しく、頑張らなきゃと気合いを入れてもらいました。
お電話ありがとうございました。就職活動、めげずに頑張って!

私も頑張ります!
posted by fostermusic at 18:57| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

ヤマハ銀座ビル グランドオープン! 

先週の土曜日、オープンしたばかりのヤマハ銀座ビルに行って参りましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

キラキラの外観もさることながら、一歩入ると思わず目を奪われる装飾が施された記念モデルのグランドピアノが置かれ、まるでホテルのラウンジのような雰囲気。

エスカレーターで2階へ上がると楽譜とCDの売り場。探さずにはいられないのが吹奏楽コーナーですが、探すまでもなく入ってすぐ右手側がどどーん一角吹奏楽とアンサンブルのコーナー。
CDやアンサンブル譜はさすがの充実ぶりですが、驚いたのは吹奏楽譜のコーナー。私は今まで旬な吹奏楽譜がこんなに店頭に並んでいるところを見たことがありません。「すげ〜ぇ...」と思わず声が出てしまったほど。まさに吹奏楽の聖地誕生です!
我が社のCDもカタログもきっちり置いていただいておりまして感謝感謝。東京に来たらば一度は見に行くべし。

アンサンブルコーナーをしばらく眺めていたんですが、うちの楽譜を手に取っているお客さんを見かけて、思わず声をかけそうになりました・笑

いや〜、自分でネットショップをやっていながらこんなことを言うのはなんなんですがふらふら、やっぱり実物を見るっていいですね。
もっともっと手にとって見てもらえる機会を増やさなきゃなぁと思った次第です。




さてさて、ちょうど私が銀座をぶらついているころ、私の友人が千葉県柏市にてアパレルショップをオープンしました。
吹奏楽とは関係ないといえば関係ないのですが、中高と同じ吹奏楽部で苦楽を共にした同級生のお店です。

その名もROOT OUT Stages

昨年オープンしたWebショップに続いて実店舗がついに開店。
まさに「手にとって見てもらえる」環境を作り上げた彼。学生の頃からその行動力にはいつも圧倒させられてきましたが、店長歴1年先輩の私も負けてられません!!笑
いつかは私も・・・(夢)

お互い業界は違いますが、刺激し合いながら頑張って行ければなぁと思っております。
これからも応援宜しくお願いいたしまーす。


というわけで、なにやらめでたい週末でございました。
久々に街を歩くと楽しくて、右腿裏が筋肉痛になるほど歩いてしまいましたとさ。
posted by fostermusic at 20:29| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

フォスターミュージック、満2歳のお誕生日♪

先日のSHOBI WIND FESTIVALで、ひとまわりほど下の後輩達の演奏する「オルフェの竪琴」の初演を客席の一番後ろで聴きながら、いつかこの中からバンドディレクターが育って、フォスターの楽譜を使ってくれるようになるかもしれないんだなぁ〜、とちょっと感慨深い気持ちになりました。久々の後輩達の演奏会、楽しませていただきました。


さて、その「オルフェの竪琴」が収録されたCDコンクール自由曲ベストアルバム2「白鳥の湖」好評予約受付中です!!

fmcd0002.jpg



バナーをアップしたと同時にお申込いただいたお客様もいらっしゃって、予約開始からまだ5日ほどですが、たくさんのご予約お申込みを頂戴しておりますわーい(嬉しい顔)ありがとうございます。

CDが一段落し入荷を待つのみとなったので、現在はいろんな方のお力を借りながら、楽譜の制作をズンズン進めておりますので、楽譜のご予約は今しばらくお待ち下さいませ。




さてそんななか、昨日1月25日にフォスターミュージックも満2歳を迎えバースデー(実はすっかり忘れていましたあせあせ(飛び散る汗))、第3期目に突入いたしました手(チョキ)
しかしまだ2期目の決算業務が終わらず、税理士さんに半ば呆れられながら数字と睨めっこしている今日この頃です。

まだまだヨチヨチ歩きの弊社&シャチョーではございますが、今後ともご愛顧の程よろしくお願い申し上げます!



そうそう、そんな私は自分の誕生日でもないのにプレゼントを買っちゃいました^^;
デスクワークをしていると足が凍らんばかりに冷くなるので流行りのムートンのブーツをオーストラリアから直輸入!
なぜもっとこれを早く履かなかったのかと後悔するほどです。
semple 足もとこたつ気分
冷え性でお悩みの方は是非お試しアレ。

posted by fostermusic at 20:58| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

第6回SHOBIウインドコンサート

100124_144805.jpg
間もなく開演です!

オルフェの竪琴はなんと大トリ♪
楽しみです
posted by fostermusic at 14:51| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

新年のご挨拶


遅ればせながらあけましておめでとうございます、榊本です。
旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

今年はトラ年というわけで、何事にもTRY

虎穴に入らずんば虎児を得ず
Nothing venture, nothing have.


のチャレンジ精神で臨みたいと思います手(グー)

何卒ご支援の程よろしくお願い申し上げます


シャチョー生声メッセージも作ってみましたので、
お暇な方は携帯でパチッとして聞いてみてくださいね!

b16c3df51d69a074f5a51014f6e575a5.png


posted by fostermusic at 17:20| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

☆謹賀新年☆

新年明けましておめでとうございます演劇

昨年は多くのお客様に大変、お世話になりました。
ご迷惑をお掛けしてしまった点もあり、反省する部分も沢山ございますが、会員のお客様も一昨年とは比較にならないぐらい増え、お客様一人一人に支えられながらの、とても充実した一年間となりましたexclamation

榊本社長も書いておりましたが、演奏会やコンクールなどのプログラムなどで、フォスターミュージックの名前を見るたび、「社長!フォスターの楽譜ですよ!」と事務所内でニコニコわーい(嬉しい顔)
また、お礼のお手紙を頂いた際など、社長と共に「励みになり、うれいしいですねexclamation」と
感謝の気持ちでいっぱいでした。

本年も、明日(1/4)より営業を開始し、沢山のお客様に満足して頂けるよう、日々努力して参りますので、
変わらぬご愛好を賜りますよう、宜しくお願い致します。

<たこぱんまん>
posted by taeko at 19:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする