イベント出展情報やコンサート、CDの発売情報など
※弊社出版楽譜をお使いの団体様で演奏会情報公開に同意いただけた場合に掲載しております。情報掲載ご希望の方はお気軽にご一報ください。

2012年02月07日

2月28日発売!コンクール自由曲ベストアルバム4 歌劇「カルメン」予約受付開始しました

先週末、4日の土曜日にぐんまバンドセミナー2012というイベントに参加してきました。
ずっとロビーにいたためホール内の様子はわからなかったのですが、ロビーコンサートに出演していた皆さんのレベルの高さに驚き!
そのうち何曲かはうちの作品もあったりなんかしちゃって、嬉しかったでするんるん
ちょっとはフォスターミュージックの名前も知られてきたかな、と(笑)

生徒さんもとても熱心で、試聴機にかぶりつきでスコアを見ていたりCDを買ったりと積極的に情報集めをしていたのが印象的でした。
自分が中高生の頃を思うと、自分で楽譜なんか探した事なんてほとんどなかったので(まぁ探すような場所もなかったんですが・・・バッド(下向き矢印))、イマドキの子はすごいなぁなんて感心しながらその様子を眺めておりました。

もひとつビックリしたことがありまして、それはお弁当。
群馬県吹連さんの計らいなのか、お弁当屋さんの計らいなのかわからないですが、なんとお弁当の中にこんなキュートなおかずが。

180428394.jpg


美味しくてヘルシーでちょうどいいボリュームの、特に女子には嬉しいお弁当でした。ごちそうさまでした。

そしてそして、もっとビックリしたことが。
なんと、私が社会人になって初めて勤めた会社に当時アルバイトさんで来ていた方が、群馬県で吹奏楽部の先生をしていたのです。
突然「榊本さんですよね」と声をかけられ、にわかに認識ができずうろたえてしまいました。
もう随分遠い記憶で、当時の自分の態度がどんなだったかとかまったく思い出せないのが気がかりですが、声をかけてくれたということはまぁそんなに嫌なヤツじゃなかったということと考えていいのかな、どうなのかな(笑)
いや〜、世間は狭いです。悪いこたぁできませんね。


お天気にも恵まれ、新幹線の車窓からはくっきりと富士山が見えて、演奏も上手で、お弁当も美味しく、驚きの再会もありの素敵な一日を過ごさせていただきました。
群馬県吹連のみなさまありがとうございました。



さてさて、ぐんまバンドセミナーではフライングで試聴&スコア展示をしてきたこちらが2月28日にリリースとなります!!
すでにたくさんのご予約をいただいており、喜ばしい限り揺れるハート揺れるハート

2012年3月30日ご注文分まで、クレジット・前払いでのお支払いに限り送料無料でお届けいたします!

特設サイトも只今鋭意準備中。楽譜情報についてもレンタル開始日が決定次第随時お知らせいたします。
まずはCDのご予約をお早めにるんるん


[吹奏楽-CD] コンクール自由曲ベストアルバム4 歌劇「カルメン」
コンクール自由曲ベストアルバム4 歌劇「カルメン」(海上自衛隊東京音楽隊)

今もっとも人気の高い邦人作曲家のオリジナル作品を中心に10作品を収録したフォスターミュージック第4弾。
未来の吹奏楽を担うこどもたちに喜んで演奏してもらえる作品を厳選しました。
さまざまなテイストで描かれた、魅力溢れる作品の数々が、海上自衛隊東京音楽隊の豊かなサウンドで再現され、音楽性の高い作品集に仕上がっています。
ボーナストラックには、一日も早い復興を願い2011年10月に開催された福島県立相馬東高等学校吹奏楽部 復興祈念 特別演奏会のために樽屋雅徳が作曲した「La Speranza」を収録。
このアルバムから是非あなたのベストを見つけてください。



  • スプレッド・ブリリアント・ウィングス〜輝く翼を広げて(渡部哲哉)
    Spread Brilliant Wings(Tetsuya Watanabe)
    [08:21] / G.4 / 32人〜

  • 風がおもてで呼んでいる(福島弘和)
    The Wind is calling me outside(Hirokazu Fukushima)
    [09:27] / G.3+ / 33人〜

  • サントス・デュモンの大空への夢(樽屋雅徳)
    Santos Dumont's dream of the sky(Masanori Taruya)
    [06:37] / G.3+ / 30人〜

  • 交響組曲「高千穂」より、I. 天の逆鉾(河邊一彦)
    Symphonic Suite "Takachiho" I. The Pike of God(Kazuhiko Kawabe)
    [08:16] / G.4+ / 38人〜

  • 3つのアメリカの風景:I. 大草原と子供たち(広瀬勇人)
    Three American Landscapes: I. Prairie and the Children(Hayato Hirose)
    [02:09] / G.3+ / 16人〜

  • 3つのアメリカの風景:II. 夕暮れの家
    Three American Landscapes: II. In the Evening
    [03:24] / G.3+ / 16人〜

  • 3つのアメリカの風景:III. 村の人々
    Three American Landscapes: III. Village People
    [02:31] / G.3+ / 16人〜

  • 鳳凰(福田洋介)
    HOU-OH - The Phoenix rhapsody(Yosuke Fukuda)
    [06:35] / G.3+ / 33人〜

  • ディープスカイ(江原大介)
    Deep Sky(Daisuke Ehara)
    [06:57] / G.3 / 32人〜

  • ドールズ・コレクション I 〜おもちゃの兵隊と(井澗昌樹)
    Dolls Collection I - Pieces of My Toy Soldiers -(Masaki Itani)
    [08:30] / G.4+ / 43人〜

  • 歌劇「カルメン」より(ジョルジュ・ビゼー / arr. 加養浩幸)
    Highlights from Opera - "CARMEN"(Georges Bizet / arr. Hiroyuki Kayo)
    [08:29] / G.3+ / 24人〜

  • ラ・スペランツァ〜希望(樽屋雅徳)
    La Speranza(Masanori Taruya)
    [04:40] / G.2+ / 33人〜



  • こちらも併せてどうぞ〜

    [吹奏楽-CD] コンクール自由曲ベストアルバム3「マードックからの最後の手紙/マ・メール・ロワ」
    コンクール自由曲ベストアルバム3「マードックからの最後の手紙/マ・メール・ロワ」(海上自衛隊東京音楽隊)

    昨年の全国大会で玉川学園中学部が演奏し見事金賞を受賞した鈴木英史編曲の「マ・メール・ロワ」、そして作曲者自ら加筆し、よりダイナミックさを増した「マードックからの最後の手紙」の特別版など注目作が満載の第3弾。
    また、今作は、20人程度でも演奏可能な作品を多く取り入れ、小編成バンドの選曲にも役立てるプログラムを、とのコンセプトのもとに制作しました。個々の楽器の特性を活かしたアンサンブルを楽しめる作品集に仕上がりました。
    ボーナストラックには海上自衛隊公認の正調版「行進曲『軍艦』」を収録。
    あなたの逸曲がきっとみつかります。


    [吹奏楽-CD] コンクール自由曲ベストアルバム2「白鳥の湖」
    コンクール自由曲ベストアルバム2「白鳥の湖」(海上自衛隊東京音楽隊)

    フォスターミュージック待望の第2弾!!!

    自由曲として人気の高い「白鳥の湖」「展覧会の絵」「青銅の騎士」といったクラシックアレンジから、福島弘和、樽屋雅徳ら邦人作曲家の新作をたっぷり9作品詰め込み、さらにボーナストラックとして「ふるさと」を収録。
    前作に引き続き会場自衛隊東京音楽隊と加養・熊崎両氏の息のあった演奏で、より多くの方にお楽しみ頂ける作品に仕上がりました。
    もちろん楽譜はすべて弊社より出版。
    選曲のお悩みにもお応えできる一枚です。このアルバムから是非あなたの”ベスト”を見つけてください。


    [吹奏楽-CD] コンクール自由曲ベストアルバム1「ロメオとジュリエット」
    コンクール自由曲ベストアルバム1「ロメオとジュリエット」(海上自衛隊東京音楽隊)

    鈴木英史をはじめ今をときめく人気作曲家の新作を中心に10作品を収録。
    作曲家自らリハーサル・収録に立会い、奏者との対話を交えながら、より演奏しやすい作品へと磨きをかけました。幅広いグレード・編成のバンドで楽しめる内容となっています。さらに加養・熊崎両氏のタクトにより多彩な表現が加えられ、海上自衛隊東京音楽隊の魅力溢れるサウンドが存分に引き出された音楽性の高い作品集に仕上がりました。
    フォスターミュージック渾身の第1弾!!このアルバムから是非あなたの“ベスト”を見つけてください。


    [吹奏楽-CD] フォスターミュージック作品集「サウンド・オブ・ミュージック」: Sound of Music
    [吹奏楽-CD] フォスターミュージック作品集「サウンド・オブ・ミュージック」(土気シビックウインドオーケストラ)

    演奏会を大いに盛り上げる不朽の名作や、全校で楽しめる合唱奏、コンクール向け作品、アンコールピースまで幅広く収録し、いつでも気軽に選曲にお役立ていただける作品集です!

    ●収録:2011年6月12日 芝山文化センター

    posted by fostermusic at 19:56| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年01月16日

    試聴・閲覧できます♪特設サイト開設 フォスターミュージック作品集「サウンド・オブ・ミュージック」

    週末はいかがお過ごしでしたでしょうか。
    私はというと、珍しく土日とも練習日で楽器三昧でした。唇の皮が剥けまくっている月曜日です。
    特にこの時期は乾燥も重なってどうしようもなくなってしまうので、早めのケアが重要。
    これまでいろいろと“効く”といわれるリップクリームをいくつも試してきて、結局ただのワセリンをたっぷりはみ出し気味に塗っておくのが一番効くような気がしています。ベタベタ感は否めませんが、効果には替えられません。


    さて、あさって18日発売のCD、「サウンド・オブ・ミュージック」の特設サイトができました。
    スコアサンプルも試聴音源も掲載しておりますので、ぜひぜひアクセスしてみてくださいませ。



    しつこいようですが、「薄型ケースでも中味は濃厚」でございます。
    楽譜も今月末までにはすべて出揃う予定で進行しておりますので、そちらも併せてチェックしてください。


    <好評発売中>



    [吹奏楽-販売譜] マーチ・ブランニュー・デイ: March Brand new Day
    [吹奏楽-販売譜] マーチ・ブランニュー・デイ(福田洋介)


    この曲のテーマである「新しい日」は、たとえばチャップリンのトーキー映画で語られるような、たとえば涙の先にある希望というような世界観。
    今日の自分が楽しくてもつらくても、かならず自分がシアワセになる新しい日が必ずやってくるはずだし、近づこうと思いながら暮らすものです。わざわざ不幸になろうと考える事はないもの。

    かつてスーザが、「杖をついた老人が、それを聞いたら杖を捨てて歩き出したくなるような音楽、それがマーチだ!」と語っていました。
    そういえば、コンサートを開催すると必ずアンケートに「マーチをやってほしい」とリクエストを頂きます。

    吹奏楽部員だった学生時代に苦手だったマーチに再度向き合ってみて、このスーザの言葉が強烈に響き出し、そしてスーザへの憧憬を込めて、スタンダードマーチを踏襲しながら、シンコペーションの聞いた「ラグタイム」もエッセンスに。
    お洒落に歩き出してしまってもご愛嬌。是非楽しい演奏を!


    [吹奏楽-販売譜] 卒業写真
    [吹奏楽-販売譜] 卒業写真(荒井由実 arr. 星出尚志)

    1975 年にリリースされた荒井由実( 現、松任谷由実) の3 枚目のオリジナルアルバム「コバルト・アワー」の中の一曲で、コーラス・グループのハイ・ファイ・セットがカバーしたことで一躍有名になりました。ユーミンの代表曲のひとつで、現在も卒業式シーズンには定番曲となっているほか、多くのアーティストによってカバーされて歌い継がれているエバーグリーンな曲のひとつです。
    このアレンジは、ユーミンのオリジナルバージョンではなく、ハイ・ファイ・セットバージョンをベースにしています。曲はクラシカルな雰囲気で開始します。[A] 4小節目のin tempo まではテンポを揺らしてみましょう。[B] 4小節間はアンサンブルをしっかりと。[E] のアルトサックスのソロは切なく訴えるような感じで、続くトロンボーンのソロは優しい感じで演奏してください。[G] の部分は、メロディーは朗々と、オブリガードは堅めに演奏してコントラストを付けてください。[H] からは、再び冒頭のクラシカルな雰囲気に戻って曲を閉じます。もし、パーカッションに余裕があれば、ドラムスのパートを参考にしてコンガを加えてもいいでしょう。
    (星出尚志)


    [吹奏楽-販売譜] 虹色の階段 I want to be with you(合唱奏)
    [吹奏楽-販売譜] 虹色の階段 I want to be with you(合唱奏)(樽屋雅徳)

    銚子市立銚子高等学校の吹奏楽部のために作曲しました。
    卒業していく3年生のために「感謝」の気持ちを込めて、1.2年生が作った歌詞にメロディをのせました。
    「「夢」へと続く虹色に輝く階段。時にそれは困難にも姿を変え、数知れず涙を流し、それでも登り続けられたのは、いつもそばで支えてくれた先輩のおかげです。」
    吹奏楽部に限らず、どんな部活でも「夢」や「目標」があり、それに向かってがむしゃらに毎日を過ごしています。
    そしてその中で「絆」ができ、いつまでもこの仲間と一緒にいたいI want to be with you.という思いが生まれてくるのだと思います。
    そんな思いがこの歌には込められています。(樽屋雅徳)


    [吹奏楽-販売譜] ありがとう With all our heart(合唱奏)
    [吹奏楽-販売譜] ありがとう With all our heart(合唱奏)(樽屋雅徳)

    ありがとうの語源は、形容詞「有り難し(ありがたし)」の連用形「有り難く」がウ音便化したものだそうです。
    「有り難し」とは、本来「有ること」が「難い(かたい)」、すなわち「滅多にない」や「珍しくて貴重だ」という意味であったそうです。
    わたしはこの「ありがとう」という日本語が一番美しく思い大好きです。
    わたし自身も大変お世話になった、銚子市立銚子高等学校の吹奏楽部の顧問の先生が異動なさる時に、当時の生徒たちと作り、送った歌です。
    言葉だけでは伝えきれない思い、決して色褪せることのない記憶、「ありがとう」だけでは感謝しきれない思いを歌にしました。(樽屋雅徳)


    [吹奏楽-販売譜] 上を向いて歩こう
    [吹奏楽-販売譜] 上を向いて歩こう(中村八大 arr. 樽屋雅徳)

    「上を向いて歩こう」は誰もが一度は聴いた事のある坂本九の代表曲。この曲が1961年7月21日の中村八大リサイタルのために書き下ろされ、その後10月にシングル曲としてレコーディングされ、爆発的な大ヒット曲となりました。2011年で50回目の誕生日を迎えたこの名曲は日本国内に留まらず、世界にも影響を与え、1963年6月15日には「SUKIYAKI」のタイトルで、日本の曲としては初めて全米ビルボード誌において3週連続第1位に輝きました。これは後にも先にもこの曲をおいて他にない記録です。更に「SUKIYAKI」は世界約70ヵ国で発売されて以来、総売り上げ枚数は1,000万枚を超え、アメリカのラジオでのオンエア回数は100万回を超えました。そして翌1964年5月には、外国人としては初めてとなる全米レコード協会認定のゴールドディスクを受賞するなど、輝かしい記録を残しています。
    東日本大震災後、数々のアーティストが歌いつないだサントリーのCMで話題となり、またスタジオジブリのアニメ映画「コクリコ坂から」の挿入歌としても使用されたことからシングルCDとなって再リリースされるなど、半世紀を経た今、あらためて私たちを勇気付けてくれるニッポンの歌として注目を集めています。


    [吹奏楽-販売譜] 虹の彼方に〜楽器紹介のための: Over the Rainbow
    [吹奏楽-販売譜] 虹の彼方に〜楽器紹介のための(ハロルド・アーレン arr. 樽屋雅徳)

    1939年のミュージカル映画「オズの魔法使」の劇中歌で、ジュディ・ガーランドが歌い同年の歌曲賞を受賞しました。
    カンザスの農場に住む少女ドロシーはいつも「虹の彼方のどこかに」よりよい場所があると夢見てたそんなある日、突然の竜巻に襲われて魔法の国オズへ運ばれてしまいます。「オズの魔法使いに会えば、カンザスへ戻してくれるだろう」という北の魔女グリンダの言葉を信じ、知恵がない案山子、心を持たないブリキ男、臆病なライオンと出会い、それぞれの願いを叶えてもらうためエメラルドの都にいるという魔法使いオズのもとへと向かいます。
    映画撮影の当初、14才のドロシーが歌うには大人び過ぎているという物言いがつき、「虹の彼方に」の歌唱シーンは危うくカットの憂き目にあうところでしたが、プロデューサーのアーサー・フリードが猛反対をし、この名曲は晴れて世に送り出されることとなりました。結果アカデミー歌曲賞を受賞して大ヒットし、このミュージカルの主題歌とも言うべき作品として現在まで愛され続けています。

    このアレンジでは、各セクションソロが順番に登場し楽器紹介用の作品としてもお楽しみ頂けます。オリジナルのナレーションを入れたり、パートごとに振り付けを考えたり、工夫を凝らして華やかに演奏していただければ幸いです。


    [吹奏楽-販売譜] 「ハウルの動く城」より、世界の約束〜人生のメリーゴーランド: Theme from Howl's Moving Castle
    [吹奏楽-販売譜] 「ハウルの動く城」より、世界の約束〜人生のメリーゴーランド(久石譲 arr. 片岡寛晶)

    2004年、スタジオジブリ公開の映画『ハウルの動く城』から、世界の約束〜人生のメリーゴーランドを、吹奏楽版にアレンジしました。
    ヒロイン・ソフィ役、倍賞千恵子氏が歌う世界の約束は、今もなお多くの方に親しまれており、作曲を『千と千尋の神隠し』で脚光を浴びた木村弓氏が担当、また作詞を谷川俊太郎氏が手掛けるなど、当時豪華キャスティングとしても話題になった作品です。
    原曲では日本語の美しさがキラリと光り、心に沁みる切々とした歌声は吹奏楽で演奏する際も同じように旋律はたっぷりと、また伴奏においては響きを大切に、美しいロングトーンで奏でられると良いのではないでしょうか。
    人数が多い場合は、演奏者を減らすなどして、歌を取り入れても面白いかもしれません。
    人生のメリーゴーランドは、ジブリ映画でお馴染みの作曲家、久石譲氏による作品です。
    原曲のイメージを壊さぬよう、ピアノソロを取り入れてみました。優美に、時にはダイナミックに、自由に表現をしてみてください。途中、各楽器によるソリスティックな部分が出てきますので、パート内で工夫し楽しく効果的に演奏してみましょう。
    基本は、原曲の雰囲気をそのままにアレンジしておりますが、吹奏楽特有のサウンドを生かすため、随所に渡りオブリガート及び打楽器セクションを充実させました。
    日本を代表するジブリ作品『ハウルの動く城』を、皆さんの手でより多くの方へ、吹奏楽の魅力を通じて伝えてください。(片岡寛晶)





    <近日発売予定>
    [吹奏楽-販売譜] 「サウンド・オブ・ミュージック」ハイライト: Hirights of the Musical
    [吹奏楽-販売譜] 「サウンド・オブ・ミュージック」ハイライト(リチャード・ロジャース arr. 樽屋雅徳)

    【メードレー収録曲】
    ・Sound of Music
    ・Do-Re-Mi
    ・My Favorite Things
    ・So Long, Farewell
    ・Edelweiss
    ・Climb Ev'ry Mountain




    [吹奏楽-販売譜] うたえバンバン
    [吹奏楽-販売譜] うたえバンバン(山本直純 arr. 和田信)

    山本直純作曲による合唱曲です。元はTV 番組のテーマソングだったそうですが、現在は合唱曲として広く親しまれています。本アレンジはサンバ調になっています。他にも人数が許せばラテンパーカッションを加えたりすると楽しくなると思います。
    全体的には明るく元気なサウンドでノリよく演奏して下さい。冒頭4小節は木管のスケールがかなり難しいと思いますが頑張ってください。B の5、6小節目以外は全体的にメロディーはマルカート気味の方が良いと思います。C からはメロディーの掛け合いを楽しみながら演奏してください。




    <近日レンタル開始予定>



    posted by fostermusic at 18:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年01月10日

    なんと1,050円ぽっきり!フォスターミュージック作品集「サウンド・オブ・ミュージック」1/18発売!

    昨日の高校サッカー決勝戦、観たひと〜! 手(パー)ハーイハーイ手(パー)

    フォスターミュージックの地元でもあります船橋市が誇る、我らが市立船橋高校がやってくれました!
    ひとりでテレビにかじりつきで大騒ぎしながら、もう後半の最後10分くらいから涙腺が緩みまくりで、再三のコーナーキックからようやく点を取ったときにはもう号泣。そこらの映画やドラマなんかよりもずっとずっと泣ける一瞬も目が離せない名試合でした。

    やはり得点を挙げたキャプテンの和泉くんがクローズアップされていますが、私は8番の杉山君のキレキレな動きに釘付け。
    素人目にもわかるくらい足さばきがよくて、コーナーキックのコースも完璧。小柄ながらも相手をかき回すそのスピードに惚れ惚れしながら見ていました。

    もちろん吹奏楽部にも注目して見ていましたが、高校サッカーは展開がはやいせいか高校野球ほど映らないんですよね。残念。
    でも、スタジアムのボルテージが上がるとともにどんどんクレッシェンドしていくその音はしっかりと放送されていました。
    さすがはマーチングコンテスト3年連続金賞受賞校だけあります。ほぼ90分、フォルテで吹き続けた市船吹奏楽部にも拍手!


    さてさて、この連休は土曜日に準決勝、昨日が決勝ということでサッカー浸りでございましたが、今日出社してみますと18日発売の新作CDが入荷しておりました!!

    フォスターミュージック作品集「サウンド・オブ・ミュージック」
    サウンド・オブ・ミュージック.jpg



    これから各方面への出荷準備をして、予定通り18日には皆さまのお手元にお届けします。
    何度もいうようですが、1,050円ぽっきり!薄型ケースでも内容は分厚く15トラック収録!

    3月あたりの演奏会の選曲にはもってこいの作品集となっていますので、ぜひぜひお求め下さいませ。


    それでは〜
    posted by fostermusic at 19:35| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年01月06日

    [1月18日発売-予約受付中] フォスターミュージック作品集「サウンド・オブ・ミュージック」

    遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます!
    たくさんの方々に支えられながら、早いものでフォスターミュージックも5年目を迎えようとしております。
    今年も皆さんに喜んでいただけるような作品をたくさん送り出せるよう頑張って参りますので、変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。


    さて、新年最初のご案内は新作CD発売のお知らせです!じゃじゃーんぴかぴか(新しい)

    2012年1月18日発売
    フォスターミュージック作品集「サウンド・オブ・ミュージック」
    FMCD-1001.jpg


    演奏会を大いに盛り上げる不朽の名作や、全校で楽しめる合唱奏、コンクール向け作品、アンコールピースまで幅広く収録し、いつでも気軽に選曲にお役立ていただける作品集です。

    しかもお値段なんと1,050円ぽっきり!
    薄型ケース仕様の簡易的なパッケージになりますが、内容は決して薄型ではありませんよー!!
    年間を通じてお使いいただけるCDですので、バンドにと言わず、パートに1枚、いやいやひとり1枚お持ちいただいて、永久保存版の選曲資料にしていただけたらなぁ〜と思っております。

    年末にも既にご予約注文をたくさん頂いて嬉しい限り揺れるハート
    特設サイトも近日オープン予定ですのでまたご案内しますね。


    たくさんのご予約、お待ちしておりま〜す手(パー)
    posted by fostermusic at 18:10| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年12月16日

    フォスターミュージック第4弾レコーディング 終了☆

    皆様、先週の土曜日の皆既月食は見ましたでしょうか?三日月

    私はもっと良く見ようと昔、買った天体望遠鏡を引っ張り出してきてみましたが、月が捕まえられず断念あせあせ(飛び散る汗)
    結構曇空でしたが、雲の隙間から肉眼でもしっかりと見えたので、とても神秘的で満足でしたーぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)
    寒い中、顔半分が隠れるほどのフードを被り見たかいがありました☆



    さてさて、フォスターミュージック第4弾CDの収録が本日(12/16)ようやく無事に終わりましたわーい(嬉しい顔)

    今回も海上自衛隊東京音楽隊さんの演奏により、素晴らしい作品が盛りだくさんになってまするんるん

    これから来年のコンクールや演奏会に向けて、フォスターミュージック渾身の第4弾となるCDCD
    発売準備を進めていきますので、ぜひぜひ首を長〜くしてお待ち頂ければ嬉しいですひらめき




    ご無沙汰登場のタコぱんまんでした!


    posted by taeko at 18:49| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年12月12日

    フォスターミュージック第4弾レコーディング 明日から!

    週末、専門学校時代の同級生の結婚式に出席してきました。
    当日は同じサックス専攻だったメンバーで、アンサンブルの余興を頼まれていたので、1週間くらい前から楽譜を作って合わせをしてとみんなでワイワイしていると、バカ騒ぎしながら過ごした日々が昨日のことのように思い出されて本当に楽しかったです。
    変わってないよね〜、と思うのですが、みんな随分オトナになりました(笑)

    ただ会って「久しぶり〜」と言うだけでなく、こうやって楽器を持って集まって合奏なんか出来ちゃうのは本当に嬉しい。
    普段はつい練習嫌〜い・・・と思ってしまいますが、楽器を続けててよかったなと思うイチバンの瞬間です。
    こんなステキな機会を作ってくれた彼女に感謝。
    随分彼女も楽器を触っていないようなので、近々無理矢理にでも再会させてやろうと画策中です(笑)

    お天気にも恵まれ、素晴らしい皆既月食も拝めて、いい週末を過ごしました。




    さて、明日から我が社の第4弾レコーディングが始まります。
    今年もお世話になるのは海上自衛隊東京音楽隊さん。
    指揮も変わらず、河邊一彦隊長と、加養浩幸先生にお願いをしております。
    私の準備の不備が毎年いろいろとあるにもかかわらず、本当に細かなところまでケアして下さって、メンバーの方々にも仲良くしていただき、すっかり頼り切っております。
    録音ももちろんCAFUAさん。音に関して私がどうこう言うこともありませんので、もうお任せです。

    なんだか、いつもいつもおんぶにだっこで作品集を作っておりますが、いい作品を世に送り出すのが私の役目。
    次作も乞うご期待でございます!宣伝はガンガン頑張りますよ〜〜!

    そんなわけで、明日から更新できないかも、ですができるだけ実況中継いたします!



    明日からミッドウェストバンドクリニックに行かれる方も多いようですね。
    よき旅路になりますことお祈りしております。


















    posted by fostermusic at 19:20| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年08月03日

    新譜情報:2011/8/15発売「四季の奏鳴」〜京都トランペットグループ「サマーブリーズ」予約受付開始

    昨日はタコパンマンとふたり黙々とアンサンブルフェアに向けて商品を準備しながら、長岡の花火大会のUSTREAMを眺めていました。

    白と赤が半分ずつになった花火とか、ピカチュー型の花火とか、ホント日本の花火職人さんはすごいなぁと思いながら、目は花火、手は楽譜、的な(笑)

    遠くの花火大会がリアルタイムで見られるなんて、インターネット万歳ですね〜。
    マニアックな解説を聞きながらベストポジションの花火が見られるのも在宅鑑賞のいいところ・・・、ですがやっぱり花火は腹にドーンと来ないと物足りないですね。
    ちなみに「windowsの設定で100hzを10db上げたらちょっと臨場感が出る」らしいですのでお試しアレ。

    今日も19時頃から中継がありますよー。




    さて、今日は8月15日発売の新譜のご案内を。
    [トランペット-CD] 四季の奏鳴: Four Seasons, Four Elements
    [トランペット-CD] 四季の奏鳴(京都トランペットグループ「サマーブリーズ」)

    京都トランペットグループ「Summer Breeze」は1998年、早坂宏明と当時大学生だったメンバー4人でスタート。以来、トランペットが大好きな人々の和を広げようと、主に毎年夏にコンサートを重ね、2011年の定期公演で記念すべき10回を数えました。これまで、レパートリーの開拓と共に、委嘱作品を意欲的に取り上げてきましたが、このCDはそれらの中から厳選した、楽しい作品集に仕上がっています。このCDを通じてさらにトランペットの魅力を伝えられたら幸いです。(早坂宏明)

    [参加アーティスト]
    早坂宏明、高木宏之、森下智稔、白水大介、上田仁、福田裕司、菊本和昭、櫻木厚子、新穂優子




    トランペット吹きさんには是非聞いていただきたいアルバムです。

    タイトルチューンの「四季の奏鳴」は、このアンサンブルのために作曲された作品で、弊社から好評発売中です。
    [トランペット8重奏-アンサンブル楽譜] 四季の奏鳴: Four Seasons, Four Elements
    [トランペット8重奏-アンサンブル楽譜] 四季の奏鳴(井澗昌樹)

    本作品は、京都市交響楽団トランペット奏者、早坂宏明氏の委嘱により、同氏が主催を務める京都トランペット・グループ「Summer Breeze」のために作曲された。その名称から、四季と四大元素のそれぞれを組み合わせて全四楽章としているが、全曲は attaccaで繋がれている。各楽章の演奏に要する時間は、私自身の各季節における、体感的な長さに一致しており、比率は夏から順に、4:2:5:1となっている。なお、3〜8番奏者にはフリューゲルホルンの持替あり。
     奔放的な第一楽章は「夏+風」。「Summer Breeze」とは「夏の微風」だろうか、憧憬的な印象を受ける言葉である。穏やかな記憶はいつも、ほんの少しの憧れを道連れにしているものだ。この楽章のみ、単一で演奏することが可能。
    「秋+土」に依る第二楽章は、諧謔的な音型と、終着点のないコラールから成る、やや無機質な楽想。くるくると旋回して欲しい、人知れず土に落ちる枯葉のように。やがて、再生の時が来るだろう。
     第三楽章は「冬+水」より、涙をイメージしたもの。フリューゲルの柔らかい音塊は、東洋的な音の拡がりを目指したものであり、その中に、トランペットが固有に持つ歌を響かせたかった。感情の昇華を一義に置いて作曲された楽章。涙を知っているから、人は哀しみが感じられるのだと思う。
     狂乱的で、何一つ調和的なものが感じられない季節…第四楽章は「春+火」より、桜が連想された。咲いているなどと云う形容では、その本質に遠く及ばない。桜は燃えている。命の短さに懸ける、その狂気性こそが、とても美しい。(井澗昌樹)

    I - Summer Breeze
    II - Autum Circle
    III - Winter Tears
    IV - Spring Madness




    HPで試聴もできますので、ぜひチェックを♪

    posted by fostermusic at 14:16| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年07月29日

    8/19発売ブレーン・アンサンブル・コレクション ご予約受付開始

    このところ外出するときはいつもiPodで英語のヒアリング(超簡単なヤツ)をしているのですが、今朝も基礎英語を聞きながら銀行へ行き、係員さんに声をかけようと近づいてイヤホンを外すはずが・・・・

    メガネを外す⇒ん?なんか違う⇒またメガネを外す⇒いやいや、なんか違う・・・・
    あ!耳だった!!

    という具合に2回くらいメガネを外しそうになってしまって、さすがに不思議顔されました。
    耳の特訓の前に脳みそをどうにかした方がいいって話ですね。トホホ。


    さて、今日は8月19日発売の新譜のご案内を。
    アンコンの楽譜探しもそろそろ始まっているところは始まっているようで(早い!)、ブレーン・アンサンブル・コレクションのご紹介です。
    今回はバリチューとクラリネット。

    [バリチュー-CD] 【8/19発売予定】ブレーン・アンサンブル・コレクション Vol.16 ユーフォニアム・テューバアンサンブル「プッチーニ・オペラアリア集」
    [バリチュー-CD] 【8/19発売予定】ブレーン・アンサンブル・コレクション Vol.16 ユーフォニアム・テューバアンサンブル「プッチーニ・オペラアリア集」(ユーフォニアム テューバ カンパニー クァルテット)

    アンサンブル・コンテストに臨む団体は必携の定番シリーズ、ユーフォニアム・チューバアンサンブルとしては2枚目となる第16弾。『誰も寝てはならぬ』『星は光ぬ』『ある晴れた日に』など、このアリアを題材に書き下ろした「プッチーニ・オペラアリア集」や、ユーフォニアム・テューバ・カンパニー・クァルテットの委嘱による「フォー・シーズンズ」など全7曲収録。
     やはり注目はプッチーニ作曲(山里佐和子編曲)のオペラアリア集。多くの傑作オペラから特に美しい旋律のアリアをピックアップ。叙情的な旋律を演奏者も聴衆も味わえるほか、さまざまな角度からのアンサンブル練習にも好都合です。
     ブレーンアンサンブル楽譜、年間ランキング第一位のフルート3重奏「トリプル・あいす」作曲者、八木澤教司の新曲も収録。今回は甘〜いデザートではなく、ラーメンをモチーフにした「ラ〜メン・ヌードルズ」。『第1楽章 やっぱり塩、煮卵トッピング!』 『第3楽章 こってり豚骨チャーシュー』などユニークな楽章に分かれています。タイトルを想像しながら是非聞いていただきたい楽曲です。 

    ●演奏者:ユーフォニアム テューバ カンパニー クァルテット(ETCQ)


    [クラリネット-CD] 【8/19発売予定】ブレーン・アンサンブル・コレクション Vol.17 クラリネットアンサンブル「朱のインパルス」
    [クラリネット-CD] 【8/19発売予定】ブレーン・アンサンブル・コレクション Vol.17 クラリネットアンサンブル「朱のインパルス」(広島ウインドオーケストラ)

    アンサンブル・コンテストに臨む団体は必携の定番シリーズ、クラリネット・アンサンブルとしては5枚目となる第17弾。2009年の課題曲作曲者の江原大介作曲「朱のインパルス」や昨年発売されまだ参考音源のなかった楽譜「お団子ヘアの女の子」の参考音源も含む最新音源集。
     
    【おすすめポイント】
    やはり注目は江原大介作曲、「朱のインパルス」。2009年の課題曲X「躍動する魂」のように難解な響きを伴いながら、パズル的要素とアクション性を含んだ作品。楽曲を分析していけばいくほどパズルが解けていき、鑑賞、演奏する楽しみも格段に増えます。
    この楽曲は「音響を生み出し操作することで表現する音楽」という新しいコンセプトなのでアンサンブルコンテストでは注目間違いなし!さらにクラリネットアンサンブル演奏会の演目としても大推薦の1曲です。




    送料250円でポストにお届けするメール便配送にも対応していますので、「送料を節約したい」「受取は面倒」というかたは備考欄に「メール便希望」とお書き添え下さいね。





    月末で金曜日、ってのはどうもバタバタしてイヤですね。
    朝から数字とにらめっこ、な一日でした。
    しかーし超特急でスッキリさっぱり終わったので、これからお世話になっている作曲家の皆さんと納涼大宴会に出かけて参ります。
    写真公開のお許しが出たらレポートしますね(笑)
    では、皆さまもよい週末を



    posted by fostermusic at 17:49| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年12月13日

    ムノツィル・ブラス待望の新作DVD「MAGIC MOMENTS」入荷しました!!



    テンション高めのメルマガでもご紹介いたしましたが、ムノツィル・ブラスの極上ステージ「MAGIC MOMENT」のDVDが本日入荷いたしました!

    マジック・モーメンツ: Magic Moments

    【映像方式】 NTSC
    【リージョン】フリー
    【オーディオ形式】Stereo / Dolby Digital 5.1
    【字幕】英語
    【本編映像】110分 
    【ボーナス映像】:30分 

    2009年および2010年の日本ツアーの演目だった「マジック・モーメンツ」が遂にDVDで登場!ムノツィル独特のエンターテイメント性、そして確かな演奏技術故になせるウルトラC級のパフォーマンスなど、ライブを見た人にもその舞台裏の裏まで楽しめる内容となっています。







    これだけでも笑える予告編はこちら↓



    週末、皆さんより一足お先に見せていただきましたが、期待通り!いや期待以上の仕上がりでした。
    ご予約いただいていたお客様には本日出荷しましたので、ぜひぜひご感想をお寄せくださいませ!!

    コンサートのとき後方座席で細かい動きがよく見えなかった方にもあんな所やこんな所まで余すところなく再現されております。そして!彼らの舞台裏!?まで存分にお楽しみ頂けますので、そこかしこに現れる裏チャンネルもぜひお見逃しのないよう、回数を重ねてご覧頂ければと思います。

    ちなみに私はすでに3回見ましたわーい(嬉しい顔)


    年末年始の娯楽のお供に「ムノツィル・ブラス」 イチオシです!




    しかし、彼らの演奏を聞いている(見ていると)実はラッパって簡単なんじゃないかとか、トロンボーンってあんなところまで出るんだ〜とか、チューバって結構軽いんだな〜とか、錯覚しそうになります・笑
    posted by fostermusic at 16:38| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年03月10日

    予約特典付き♪課題曲合奏クリニックDVD - 3/11正午ご注文締切

    榊本@昨日の雪で風邪をひいた軟弱北国育ちです。
    あまり他の人に理解されないのですが、風邪をひくと鼻の奥の方がジワッとあつ〜い感じになりますよね(なるんです!)。それが私の風邪のひき始めの合図で、昔はそのサインをキャッチした瞬間にパ○ロンで撃退できていたのが最近それができない・・・免疫力の低下を鼻の奥で感じる今日この頃ですもうやだ〜(悲しい顔)
    お隣タコパンマンには恐るべし花粉の季節到来あせあせ(飛び散る汗)
    現在フォスターミュージックでは箱ティッシュ人気急上昇中ですグッド(上向き矢印)

    みなさんもお気をつけ遊ばせ。


    さて、昨日のメルマガを読んでいただいた方は既にチェック済みかと思いますが、コンクール自由曲ベストアルバム2「白鳥の湖」に収録された楽譜がすべて出揃いまして、おかげさまでご好評頂いております。

    というわけで、自由曲選びはフォスターにお任せいただければと思うのですが、忘れちゃいけないのが課題曲。(誰も忘れてない?)
    3/25発売のWinds「課題曲合奏クリニックDVD」の予約特典付きは明日11日のお昼12時までのご注文締め切りとなっていますので併せて要チェックです。
    車の中でも通勤電車の中でも手軽にお勉強できる「通し演奏+ブロック別解説CD」は、やはり必須でしょう。

    課題曲合奏クリニックDVD


    ご予約締め切りまで残すところあと約24時間!お買い忘れのないようお早めにご注文下さいませ。


    コンクール自由曲ベストアルバム2「白鳥の湖」と同時購入で送料無料でお届けします。
    (お届けは3/25以降になります)

    posted by fostermusic at 11:52| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年02月10日

    コンクール自由曲ベストアルバム2「白鳥の湖」出荷開始しました!

    CDの入荷&出荷諸々に追われましてご無沙汰いたしました、榊本です。

    というわけで、皆さんご期待の第2弾CD「コンクール自由曲ベストアルバム2『白鳥の湖』」が2月12日発売ということで、発売日にお手元に届けるべく、ご予約のお客様への出荷を開始いたしました手(チョキ)
    fmcd0002.jpg

    そしてそして!今回は特設ページも開設。
    試聴もできるCD素敵なページが仕上がりましたので、トップページのバナーをクリックして是非ご覧下さいませ。(PCからのみご覧頂けます。ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)


    12日からは全国のCDショップでもお求めいただけますので、今週末はぜひ街に繰り出して手にとって見てくださ〜い。
    WEBでは伝わりにくいんですが、結構綺麗なブルーで「白鳥の湖」って雰囲気に仕上がってタコパンマン共々大満足しております。


    あ!そうそう、本日発売のバンドジャーナルにも広告掲載させていただいていますので、そちらも併せてチェックを。
    2/21のフェブラリー・バンド・フェスタの告知も掲載していまーす



    さ〜て、話はちょっと逸れますが最近流行りのtwitter、このところフォロワーさんと呼ばれるお友達がどんどん増えておりまして嬉しい限り。
    あまりつぶやいていませんが、始めている方は是非お友達になって下さいませ。
    posted by fostermusic at 21:56| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年01月28日

    2/27発売♪鈴木英史 吹奏楽の世界Vol.1〜チャルダッシュ・カントゥス〜

    喜ばしいことに、日々出荷が増えておりコンクールがどんどん近づいているんだなぁと実感。
    しかし昨日、指導者としてご活躍中で弊社アンサンブルのアレンジも手がけている吉田亘さんと電話をしておりまして、「アンコンがまだ終わってないんだった」ということに気づきました。
    こちら出版社は楽譜シーズンが終わってしまうとつい終わったような気になってしまいますが、まだまだアンサンブルの練習に必死な学生さんも多いんですよね。頑張れ〜!


    さてさて、またまた注目の作品集が発売です!

    鈴木英史 吹奏楽の世界Vol.1
    〜チャルダッシュ・カントゥス〜


    201-02643-260.jpg
    演奏:土気シビックウインドオーケストラ 指揮:加養浩幸


    作品集というと、楽譜の出版社が自社の作品のみを収録する場合がほとんどですが、この作品集の一番の魅力は出版社の垣根を越えて鈴木英史の魅力を最大限に詰め込んでいるところではないでしょうか。
    楽譜の参考音源という位置づけではなく、純粋に作品集として多くの人にお聴きいただきたい一枚です。


    ちなみに、私の右腕タコパンマンもPiccoloで活躍しているので要注目です・笑ぴかぴか(新しい)


    英史先生の新アレンジも収録されたコンクール自由曲ベストアルバム2「白鳥の湖」と一緒にお申込いただければ、送料無料でお届け可能です手(チョキ)
    (配送は「鈴木英史 吹奏楽の世界Vol.1〜チャルダッシュ・カントゥス〜」発売日2/27以降となります)

    ご予約お待ちしております!
    posted by fostermusic at 18:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年01月22日

    コンクール自由曲ベストアルバム2「白鳥の湖」2月12日発売!

    どーもどーもお待たせいたしました。
    フォスターミュージック渾身の第2弾CD、本日より予約受付開始です!!!

    201-02639.jpg


    今回も欲張りまくってCDの収録時間満タンにぎっしり詰め込みました(笑)
    去年に引き続き、名作揃いですので是非聞いてくださ〜い

    マスターとブックレットなどの入稿を済ませ、あとは入荷を待つのみなのですが、ホントにドキドキします揺れるハート


    ご予約は弊社WEB STOREのほか、お近くのCDショップ、楽器店さんでもお買い求め頂けます。

    2010年3月末日までのご注文頂いたお客様には送料無料にて小渡と啓太しますので、お早めのご予約お待ちいたしておりまーす!




    そしてそして、もう一つご案内。
    このCDに収録されている、広瀬勇人「オルフェの竪琴」が、
    今週末1月24日(日)のSHOBI WIND FESTIVALにて初演されます!

    SHOBI WIND FESTIVAL 2010「合同ウインドコンサート」
    ●日時:2010年1月24日(日) 15:00開演
    ●場所:北とぴあ
    ●料金:1000円
    【出演】
    ・SHOBI マーチングバンド(指導:阿部忠昭、高梨裕久)
    ・SHOBI シンフォニックバンド[1年生](指揮:高梨裕久、八木澤教司)
    ・SHOBI ウインドシンフォニー[2年生](指揮:佐藤正人)
    ・尚美アカデミーウインドオーケストラ[アカデミー学科](指揮:加養浩幸)

    【お問い合わせ】管弦打楽器学科( c-wind@shobi.ac.jp )

    詳しくはこちらをご覧下さいませ



    最後に出演する尚美アカデミーウインドオーケストラで演奏されるということで、私ももちろん聴きに行きますよ〜。

    皆さま日曜日は北とぴあでお会いしましょう!


    posted by fostermusic at 17:18| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年01月19日

    第2弾アルバム、まもなく発売日決定

    「新作はまだですか?」とのお問い合せもちらほらいただくようになりまして、嬉し涙をちょちょぎらせがらリリース&楽譜レンタル開始に向け必死に作業をしている榊本です。隣のタコパンマンはそんな私の殺気を感じながら絶妙なアシストを見せてくれています。感謝感謝。

    さて、収録終了から約1ヶ月が経ち、編集も概ね完了してようやく発売の目処も立って参りました。
    先日、最初のマスターが届き一人でじ〜っくり聴いてみましたが、いやはや我ながらかなり幅広くいい曲が揃っております。
    そんな今は「キエフの大門」を聴きながら書いているところ。
    ひとり大盛り上がりです・笑

    肝心の発売日は、近日中にご案内いたしますので、もうちょっとだけ、もうちょ〜っとだけお待ち下さいませm(__)m


    ブックレットもほぼできあがり、あとは完成を待つのみ。
    皆さんにも気に入ってもらえるといいなぁ揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート
    posted by fostermusic at 22:09| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年01月07日

    樽屋ファン必携!1/20発売「樽屋雅徳作品集I〜マゼランの未知なる大陸への挑戦〜」

    何を隠そう、私が吹奏楽業界に入って間もない頃、はじめて出版に関わらせていただいた作品が樽屋雅徳氏の「絵のない絵本」でした。
    といっても、出版のイロハもなにも全くわからない頃で、苦い思い出もたくさんありますが、とにかく私にとっては記念すべき初仕事。ここから道が繋がっているのかと思うとなんだか感慨深い気持ちにさせられます。
    また、土気シビックの一員としてレコーディングにも参加させてもらい(「絵のない絵本」土気シビックW.O. Vol.4)この曲を聴くといろんな思いがこみ上げてきて思わず泣きそうになってしまうのでした。


    あれから10年、今や吹奏楽界屈指の人気作曲家となった樽屋雅徳氏の軌跡が、ここに一枚の作品集となって完成。



    大ヒット作「マゼランの未知なる大陸への挑戦」をはじめ、ファン垂涎のプログラムがずらりと並びました。

    弊社出版作品からは「ペドロの奇跡の夜」「マードックからの最後の手紙」の2作品が収録され、また「絵のない絵本(改訂版)」もラインナップされており、私にとっても涙ちょちょぎれのアルバムでございます。


    1月20日(水)大安、いよいよ発売です。
    ご予約お待ちいたしております!!

    posted by fostermusic at 17:44| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年12月11日

    一押しクリスマスアルバム!

    202-02593-260.jpg

    このシーズンにうってつけのアルバムが到着しました〜。

    ビックバンド界で近年世界一のリードトランペッターとも賞賛を浴びているウェイン・バージェロン氏ほか、豪華メンバーによるブラスクインテット+リズムセクションで構成されたアンサンブルによるクリスマスソング集です。


    オーソドックスなそりすべりやジングルベルももちろんいいですが、毎年同じっていうのも芸がないですよね。
    そんなマンネリ気味のクリスマス音楽を一新してくれる爽快なアルバムで超おすすめ!!
    ホームパーティのBGMとしてもよし、ポータブルプレイヤーで1人で楽しんでもよし、とにかく一気にクリスマス気分をアップしてくれます。
    私もここ数日通勤のお供にしてまーするんるん

    クリスマスまであと2週間!是非ゲットして楽しいクリスマスを!


    ちなみに、MISTLETOEとはヤドリギというビャクダン科の寄生植物の総称で、冬でも美しい緑であることから生命のシンボルとしてクリスマスの飾りによく使われるそうです。また、ヤドリギの飾りの下で出会った2人はキスしなければいけないというクリスマスの風習もあるそうですよ。



    音楽とヤドリギ: MUSIC & MISTLETOE
    WAYNE BERGERON WITH THE AFTER HOURS BRASS
    ワグ・レコーズ (Wag Records) WB-2040
    posted by fostermusic at 14:28| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年07月08日

    木村吉宏編「トッカータとフーガニ短調」&「カヴァレリア・ルスティカーナ」よりプレリュード 着うた配信開始!

    出張から帰って少しばかりゴタゴタとしておりましたーー; シャチョーです。

    さてさて、気を取り直して参りましょう!

    昨日7日より、木村吉宏先生編曲の「トッカータとフーガニ短調」「カヴァレリア・ルスティカーナ」よりプレリュードがBRASSBAND CLUBより配信となりました!

    いずれもCD「ミクロトピア」に収録されておりますので、まずは着うたで試聴していただきまして、CDをご購入いただけたら幸いでございます。

    演劇ミクロトピア〜オオサカン・ライブ・コレクションVol.2




    そんなオオサカンさん、実は今WASBE出演のためアメリカシンシナティに行っているとのこと。遠く日本からエールを送りたいと思います!

    頑張れオオサカン!
    posted by fostermusic at 19:01| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年04月17日

    「ええとこどりVol.2」入荷しました!

    大好評だった「ええとこどりVol.1」に続き、皆様お待ちかねでした
    第二弾「ええとこどりVol.2」が入荷致しましたるんるんぴかぴか(新しい)



    ええとこどりVol2.jpg



    今回は小編成対応の曲も収録されており、更に更に聴き所満載の、あらゆるジャンルからみんなまとめてええとこどりexclamation

    ご注文はこちらから↓
    http://www.fostermusic.jp/store/products/detail.php?product_id=1541


    お待ちしておりますわーい(嬉しい顔)CD
    posted by taeko at 17:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年02月19日

    コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディ〜第38回定期演奏会〜/福岡工業大学附属城東高等学校吹奏楽部

    おはようございます。

    ご案内が遅くなってしまったのですが、
    1月20日に発売となった、かの福岡工業大学附属城東高校の第38回定期演奏会のライブCDに、なんと!弊社の作品が2作品も収録されております!!


    コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディ〜第38回定期演奏会〜/福岡工業大学附属城東高等学校吹奏楽部


    Disc1-1「フォスター・ファンファーレ
    Disc2-10「ALWAYS三丁目の夕日 ハイライト

    なんで福岡まで聴きに行かなかったんだ・・・
    と今さらながら後悔しておりますが、
    昨年の10月31日ということはよく考えればレコーディングの日で、ちょうどフォスター・ファンファーレの収録の日。
    分身の術でも使わない限り行けるはずもなかったのですが、時を同じくして同じ曲を演奏していたというのはなんとも奇遇です。

    城東高校の武田先生からもわざわざご連絡を頂き、ファンファーレを気に入ってくださっているとのこと。嬉しい限りですわーい(嬉しい顔)

    そしてそして、お客様から「音源ないの?」というお問い合せが最も多い
    ALWAYS三丁目の夕日 ハイライト」も収録されておりますので、是非どちらもチェックしてみてくださいね!
    posted by fostermusic at 12:07| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年01月14日

    CD掲載ページ

    雑誌を持って帰ってしまったタコパンマンもうやだ〜(悲しい顔)

    バンドジャーナル2月号では、SPACEコーナーの96ページ。
    CD新譜案内"きいてみよう"のページに載ってま〜す演劇
    posted by taeko at 17:13| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CD情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする