イベント出展情報やコンサート、CDの発売情報など
※弊社出版楽譜をお使いの団体様で演奏会情報公開に同意いただけた場合に掲載しております。情報掲載ご希望の方はお気軽にご一報ください。

2012年08月10日

2012年8月22日(水)発売アンサンブル楽譜9タイトル 予約受付開始いたしました。

本日2度目の更新!

お盆明け22日の発売となるアンサンブル楽譜のご紹介です。早速参りましょう。

クラリネット



トロンボーン
[トロンボーン4重奏-アンサンブル楽譜] 「白鳥の湖」によるパラフレーズ: Paraphrase from The Swan Lake
[トロンボーン4重奏-アンサンブル楽譜] 「白鳥の湖」によるパラフレーズ(ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー arr. 井澗昌樹) FME-0190

クラシック音楽史は、数多の名旋律に溢れている。チャイコフスキーのスコアはその代表格。「白鳥の湖」のオーボエの旋律を歌えないと云う人は、まず居ないだろう。
本作品では同組曲をベースに、他作品の旋律を織り交ぜている(ひとつだけ、異なる作曲家のものを引用しているが)。叙情的に、或いは活き活きと演奏されたい。(井澗昌樹)


[トロンボーン4重奏-アンサンブル楽譜] 桜三章(さくらさくら〜花かげ〜絵日傘): Sakura Triptych
[トロンボーン4重奏-アンサンブル楽譜] 桜三章(さくらさくら〜花かげ〜絵日傘)( arr. 井澗昌樹) FME-0191

平安以前は「花」と云えば梅を指していたが、やがて桜に取って代わられる。
以降、日本人にとって桜は、極めて特別な地位を持つ花となった。

「さくらさくら」は日本を代表する歌曲(古謡と表記しているが、さほど古いものでもない)、
「花かげ」「絵日傘」は向嶽寺の桜吹雪を詠ったもの。作詞者の思い出の様である。(井澗昌樹)

1.「さくら さくら」日本古謡
2.「絵日傘」 豊田 義一 作曲
3.「花かげ」 豊田 義一 作曲





木管
[木管3重奏-アンサンブル楽譜] G線上のアリア: Air On The G String
[木管3重奏-アンサンブル楽譜] G線上のアリア(ヨハン・セバスティアン・バッハ arr. 渡邊一毅) FME-0181

「G線上のアリア」は、 J.S.バッハの管弦楽組曲第3 番BWV1068のうちの1曲。もともとのニ長調ではなく、ヴァイオリンのG線のみで演奏出来るハ長調に移調されたものを下敷きに、オーボエを独奏楽器に見立ててアレンジしました。


[木管3重奏-アンサンブル楽譜] 愛のあいさつ: Salut d'amour op.12
[木管3重奏-アンサンブル楽譜] 愛のあいさつ(エドワード・エルガー arr. 渡邊一毅) FME-0182

「愛の挨拶」作品12は、エルガーが自身の婚約記念に作曲した小品で、作曲者によりピアノ独奏版、ピアノとヴァイオリン版、管弦楽版などいくつかの版が残されていま すが、今回は木管三重奏にアレンジしました。原調のホ長調を採用しています。


[木管4重奏-アンサンブル楽譜] 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より、間奏曲: Cavalleria Rusticana: Intermezzo
[木管4重奏-アンサンブル楽譜] 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より、間奏曲(ピエトロ・マスカーニ arr. 渡邊一毅) FME-0180

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」は、ピエトロ・マスカーニ作曲の1幕物のオペラ。劇中、血なまぐさい決闘の直前に演奏されるこの曲は、愛憎うずまく物語の中で、重要な役割を担います。
また、その旋律の美しさから独立して演奏されることも多く、映画「ゴッドファーザーPart III」のラストシーンで使用されたことで、飛躍的に有名になりました。


[木管4重奏-アンサンブル楽譜] 映画「シンドラーのリスト」メインテーマ: Schindler's List: Theme
[木管4重奏-アンサンブル楽譜] 映画「シンドラーのリスト」メインテーマ(ジョン・ウィリアムズ arr. 渡邊一毅) FME-0193

1993年のスティーブン・スピルバーグ監督作品である「シンドラーのリスト」。音楽はジョン・ウィリアムズが担当しました。第二次世界大戦時のナチスドイツによるユダヤ人虐殺を描いた作品ですが、そのテーマ曲であるこの曲も、咽び泣くような悲哀と美しさに満ちています。



金管
[金管8重奏-アンサンブル楽譜] ダウランド組曲: Dowland Suite
[金管8重奏-アンサンブル楽譜] ダウランド組曲(ジョン・ダウランド arr. 足立正) FME-0189

16世紀イギリスのエリザベス王朝期の作曲家であり、リュート奏者でもあったジョン・ダウランド(1563年-1626年2月20日)の歌曲のなかから3曲を組曲にしました。
宗教色のない世俗的な作品が特徴で、今でいうシンガーソングライターのはしりとも言われ、1597年、1600年、1603年に出版された歌曲集に80作以上の作品が残されています。この組曲の2曲目にあたる「流れよ、わが涙」が特に有名で、当時のヨーロッパで大流行したそうです。
2006年には、ロック界を一世風靡した元ポリスのベーシスト兼ボーカリスト、スティングが発表したダウランド作品集「ラビリンス - Songs From The Labyrinth」(グラモフォン)が話題となり、再注目を浴びるところとなりました。

1.「ご婦人用の見事な細工物 - Fine knacks for ladies」調子のいい行商人の歌です。明るく軽快で、楽しい曲です。
2.「流れよ、わが涙 - Flow my tears」ダウランドの歌曲の中で最も有名なものです。この組曲の中では、間奏曲的に短く取り上げています。
3.「あのひとは言い訳できるのか - Can she excuse my wrongs」失恋の歌ですが、とても現代的な響き、リズムを持った楽曲です。

技術的にも無理のないようにアレンジされており、アンサンブルの基礎を学ぶうえでも、古典の入門曲としても最適な作品に仕上がっています。




お盆休み期間中にじっくりご検討下さいね。

では、また次回!
posted by fostermusic at 17:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

アンサンブルカタログの頒布を開始いたしました。

毎日毎日暑い日が続きますね〜。
学生だった頃よりも社会人になってからの方が長くなったというのに、こうお天気がいいとつい仕事を忘れて夏休み気分になってしまいます。

さて、吹奏楽界は目下コンクールまっただ中ではございますが、そろそろアンサンブルコンテストの仕度に入るのはこちら出版業界でございます。

今年は各方面からのご要望を受けまして、紙のカタログをつくりました。
本日より頒布開始で〜す。



PDFでもダウンロードしていただけますので、便利な方をご利用いただければと思います。

作品のお問い合せもお気軽にどうぞ♪



オリンピック観てますか?
こんなときにしか見られない競技もたくさんあって正直よく分からず見ているのが、だんだんルールがわかってくると楽しくなりますよね。
ウエイトリフティングに2つの上げ方があることも、その足し算で順位が決まることも、柔道に銅メダルが2つあることも、なんだか合点のいかない敗者復活戦があることも、ついこの間知りました。
女子アーチェリーの3人のステキな笑顔を見ながら、W杯のPK戦のときのなでしこを思い出してみたり、にわかファンを満喫しています。
今晩はとりあえず体操男子団体ですかね。水泳も気になるし柔道もバレーも気になる。ん〜、テレビから離れられません。

皆さんも寝不足からの夏バテにはご注意を。


posted by fostermusic at 17:30| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

[新譜情報-7月4日発売] マイナスワンCD付きアンサンブル楽譜「ザ・ジョイフルブラス・スタンダード・コレクション」予約受付開始しました!

これまで、絶対枯れないと言われて買ったミニトマトの苗木も、放っておけば育つと言われて買ったスイートバジルの苗も、幾度となくダメにしてきた私ですが、この春突然思い立ってハーブの苗を大量購入しました。育てるためじゃなくて食べるために!
珍しく概ね順調には育っているようなんですが、先日の台風の後からいくつかの苗がぐったりしてしまい、近所の花屋さんに相談に行ったら「塩害かもしれないね」と!
我が家から東京湾もそう遠い場所ではないんですが、想像も付きませんでした。
ベランダの鉢植え程度ですから葉っぱを水で洗い流したりする程度で様子を見ればいいですが、農家の人は大変ですよね。あらためて美味しい野菜を作ってくれる方々に感謝する私なのでした。
今はちっちゃな虫と格闘中。早くも挫折しそうな予感・・・。



さてさて、7月4日発売の新譜のご紹介です!


ひとりでもみんなでも楽しめるアンサンブル楽譜マイナスワンCDCD付き楽譜
「ザ・ジョイフルブラス・スタンダード・コレクション」
を発売いたしまするんるん

すべての楽譜に1枚のCDをセットし、見本演奏だけでなく10パターンのマイナスワントラックを収録し、同じ曲を何通りにもに楽しめるよう趣向を凝らしました。

「マイナスワンってなに??」という方はぜひこちらをご覧ください。



どうです?お分かり頂けましたか?


ヘッドホンを使ってひとりジョイフル音楽、オーディオで流しながら2人で楽しむCD、ドラムトラックを流してひと味違う金管五重奏を体感演劇、などなど、ジョイフルブラスがあなたの練習にとことんお付き合いしちゃいます。
リズムの感じ方や音色、音程感覚など、プロの業をぜひ体感してみてください!

プロのミュージシャンと共演してみたい、こっそりアドリブの練習をしたい、メンバーが少なくてもアンサンブルがしたい、そんな夢を叶えます。

オプションとして1stトロンボーンの代わりにホルン、またテューバの代わりにエレキベースの譜面も同梱して、スタンダードな金管五重奏のほか、ビッグバンドのブラスセクションなどでも演奏しやすくしました。

また、見本演奏のみを収録したCDも同時発売!!
ジョイフルブラスの演奏だけを楽しみたい方はまずCDをどうぞ。





楽譜はこちら






















特設サイトはこちら。ご予約お待ちしております!
posted by fostermusic at 14:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

6月27日発売アンサンブル楽譜6タイトル予約受付開始しました。

コンクールのエントリーシーズンが終わり、すっかり落ち着いている弊社ではございますが、これから夏に向けてアンサンブル楽譜を準備して参りますよ〜。
その第1弾として、6月27日に発売する6タイトルをご紹介します。

先日開催された第3回江古田サックス祭で初演された「宝船奇想曲第二」は、Youtubeにも当日のライブ映像をアップしておりますので、ぜひ見てみてくださいね!

[サクソフォン4重奏-アンサンブル楽譜] 宝船奇想曲第二: TAKARABUNE Capriccio No.2
[サクソフォン4重奏-アンサンブル楽譜] 宝船奇想曲第二(福田洋介) FME-0158

2012年6月10日「第3回江古田サックス祭」にてフィグール・サクソフォン・カルテットにより初演。

第1回目のサックス祭で上演されたサックスカルテット作品「宝船奇想曲」の続編です。「毘沙門天」の静かな闘士が現実となったとき…というストーリー仕立てのコンテンポラリーな音楽、そしてその風貌からしてコミカルそのものな表情の音楽の「福禄寿」がお目見えします。これで5体を発表、残り2体。この作品はまだまだ続くのです!









[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 「セビリアの理髪師」序曲: Il Barbiere Di Siviglia Ouverture
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 「セビリアの理髪師」序曲(ジョアッキーノ・ロッシーニ arr. 金山徹) FME-0157

クラリネット8重奏(クワイアー)に編曲するにあたって、調を全音(長二度)下げました。理由としては、[1]原曲ではC管クラリネットが使われており、Bb管に移調する事によるソロの音域(運指)の変化を避ける、[2]冒頭部分の調号を減らす(原調だと#6個!)、の2つが挙げられます。当然ながら、後半の早い部分の運指も楽になっています。
この楽譜はクワイアーとしての使用も想定しており、各パートを複数で演奏する時のために「Solo」「Tutti」の指示を入れています。オプションのコントラバス(弦バス)は、一緒に演奏しても良いですし、コントラアルトクラリネットがない場合はコントラバスだけでも大丈夫です。また、スコアにはありませんが、バセットホルンのパート譜も入れてあります。内容はアルトクラリネットと同じですので、一緒に演奏することも可能です。



[サクソフォン3重奏-アンサンブル楽譜] 結婚行進曲 in サルサ「真夏の夜の夢 Op.61」より: Wedding March in Salsa for Saxophone Trio
[サクソフォン3重奏-アンサンブル楽譜] 結婚行進曲 in サルサ「真夏の夜の夢 Op.61」より(フェリックス・メンデルスゾーン arr. 塩安真衣子) FME-0153

有名なメンデルスゾーンの結婚行進曲をサルサ調にしました。真夏の結婚式にピッタリの楽しいアレンジに仕上がっています。



[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] キラキラ星: Twinkle Twinkle Little Star for Saxophone Quintet
[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] キラキラ星(トラディショナル arr. 塩安真衣子) FME-0154

誰もが知っているキラキラ星のメロディをアップテンポなスウィングに乗せてみました。各パートにソロが振り分けられており、楽器紹介にも最適です。



[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] 虹の彼方に: Over the Rainbow for Saxophone Quintet
[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] 虹の彼方に(ハロルド・アーレン arr. 塩安真衣子) FME-0156

ミュージカル映画「オズの魔法使」の劇中歌として世界的に愛されるこの作品を、サックスならではのオシャレなスローバラードにアレンジしました。



[木管5重奏-アンサンブル楽譜] スタジオジブリ・メドレー: Studio Ghibli Medley
[木管5重奏-アンサンブル楽譜] スタジオジブリ・メドレー(久石譲 arr. 大森洋一) FME-0159

【収録曲】
さんぽ(となりのトトロ)
海の見える街(魔女の宅急便)
風のとおり道(となりのトトロ)
帰らざる日々(紅の豚)
となりのトトロ(となりのトトロ)




こちら千葉県はまだ雨がパラパラしている程度ですが、部活帰り、お仕事帰りの暴風雨にはくれぐれもお気を付けくださいね。
ではでは、また次回!
posted by fostermusic at 17:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

[新譜情報]1月27日発売 「サウンド・オブ・ミュージック」(arr.樽屋雅徳)「うたえバンバン」(arr.和田信)「シロフォン・オブ The☆マジック」(片岡寛晶)

ホントに降りました〜!雪雪
ゆうべは雪が降り出す前に地震が来て雷が鳴って一体どうなっちゃうのかと不安でしたが、雪が降るとなんとなく街が一気にシンと静かな雰囲気になって落ち着くと思いませんか?
事務所を出るときはすぐ止むかなくらいの降り方だったのに、自宅の最寄り駅に着いたら傘が重くなるほどの雪。
思わず写真を撮ってしまいました↓↓

404411_352713931407915_100000079325545_1406902_242228217_n.jpg


偶然人も車も映ってないきれいな写真が撮れて満足満足(笑)

しかーし、案の定今朝の道路はツルッツルがく〜(落胆した顔)。今朝うちの父から「北海道人として滑って転ぶなどと言うことはあってはならん!」と警告メールが届いておりました(笑)
そうそう、氷を溶かすために水を撒くのってこっちでは普通なんですかね。北海道でそんなことをすると「火に油」状態なのでちょっと驚きました。

みなさん、転んで痣など作ってませんか〜??



さて、今日は1月27日(金)発売の吹奏楽譜をご案内します!
「サウンド・オブ・ミュージック」(arr.樽屋雅徳)
「うたえバンバン」(arr.和田信)
「シロフォン・オブ The☆マジック」(片岡寛晶)

以上の3曲です!

[吹奏楽-販売譜] 「サウンド・オブ・ミュージック」ハイライト: Hirights of the Musical
[吹奏楽-販売譜] 「サウンド・オブ・ミュージック」ハイライト(リチャード・ロジャース arr. 樽屋雅徳)

オーストラリア生まれのマリーア・アウグスタ・クチェラ・フォン・トラップの自叙伝「トラップ・ファミリー合唱団物語」を原作に、リチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタイン2世のコンビによって作られた最後のミュージカルが「サウンド・オブ・ミュージック」です。
全てのミュージカルの中でも「ドレミのうた」をはじめとして、これほど多くの有名な曲を含んでいる作品はありません。現代においてはオリジナルのミュージカルよりも1965年に公開されたジュリー・アンドリュース主演の映画版で良く知られているでしょう。
物語は見習いの修道女であり歌う事が大好きだったマリアが、ある日、院長の命令で7人の子供がいるオーストリアの退役海軍大佐トラップ家の家庭教師となり、トラップ家の厳格な教育方法に対しマリアは彼女流の音楽教育をはじめます。マリアが音楽や歌う事の楽しさを教える中、次第に子供達は元気と明るさを取り戻し、ナチス党政権下にあったオーストリアは音楽会を利用して表彰式の隙にナチスの手から逃れるため、山を越えて亡命先のスイスへと向かいます。

第38回(1965年)にはアカデミー賞5部門受賞し、映画史の残るミュージカル映画の最高傑作となりました。

この作品は「サウンド・オブ・ミュージック, ドレミの歌, 私のお気に入り, さようなら、ごきげんよう, エーデルワイス, すべての山に登れ」で構成され、原曲の雰囲気を活かしたドラマティックなアレンジとなっております。
ドラムセットは無しでも演奏可能です。アドリブで自由に演奏してください。



[吹奏楽-販売譜] うたえバンバン
[吹奏楽-販売譜] うたえバンバン(山本直純 arr. 和田信)

山本直純作曲による合唱曲です。元はTV 番組のテーマソングだったそうですが、現在は合唱曲として広く親しまれています。本アレンジはサンバ調になっています。他にも人数が許せばラテンパーカッションを加えたりすると楽しくなると思います。
全体的には明るく元気なサウンドでノリよく演奏して下さい。



[吹奏楽-販売譜] シロフォン・オブ The ☆マジック!: Xylophone of the Magic
[吹奏楽-販売譜] シロフォン・オブ The ☆マジック!(片岡寛晶)

私はシロフォンという楽器がとても大好きです。馴染み深い軽快な音を耳にすると、気持ちがワクワクし、思わず走り出したくなるほどです。シロフォンが活躍する曲は数多くありますが、シロフォンメインの吹奏楽作品は少ないのではないでしょうか。
『シロフォン・オブThe☆マジック!』は、楽器の特色を生かし演奏して楽しく、見ていて面白い!そんな作品に仕上げてみました。トリル・グリッサンド・同音連打は効果的奏法ですので、遠慮せず思いっきってプレイしてほしいです。またフレクサトーンとの絡みは、コミカルに!色々と工夫してみてください。ひとつのパフォーマンスとして、シロフォンを動かし歩きながら叩くと、タイトル通り『魔法のシロフォン!』のように見えるかもしれません(笑)また、打楽器奏者(人数)に余裕があるようでしたら、マリンバやビブラフォンなども加え華やかにメロディを演奏してみてください。
シロフォンの魅力を、少しでも感じていただければ幸いです!(片岡寛晶)





軽快な音楽に乗って体を動かして寒さなんか吹き飛ばしましょう!グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


CDも好評発売中です!

posted by fostermusic at 17:25| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

数量限定・無料♪海外出版社各種カタログ福袋 頒布開始しました

今日は関東でも雪が降りました。
埼玉方面が結構積もったようですが、こちらは一瞬降っただけでちょっと期待はずれ。
北海道出身なのにこっちで見る雪にはなんとなくワクワクしてしまいます。

先日、鼻毛が凍る感覚について切々と語ってみたのですが、やはり体感した人でないと伝わらないみたいですね。
息がかかる髪の毛の先に白く霜がつくことも、歩くと雪がキュッキュッと音を立てることも、月明かりが雪に反射して夜はとても明るいことも、どうもイマイチ伝わらない。。。
今年は特に寒いらしいので、ぜひ2月の北海道に行って体験してみてくださ〜い。


さて、数量限定・無料♪海外出版社各種カタログ福袋を本日より頒布開始しました!
昨日Twitterでちらっと案内しただけなのですが、既にたくさんのお申し込みを頂いております。
この週末で恐らく無くなってしまうのではないかと思いますので、ご希望の方はお早めに。
先着順とさせていただきますので、もし品切れの場合はご容赦下さい。
お申し込みお待ちしております。

[吹奏楽-カタログ] 【数量限定・無料】海外出版社各種カタログ福袋
[吹奏楽-カタログ] 【数量限定・無料】海外出版社各種カタログ福袋

2010〜2012の海外出版社の各種カタログを集めた福袋です!
今年に限らず、ずっと選曲のお供としてお使いいただけますよ〜。
メール便でお送りできる最大サイズ(2〜5冊程度)までを詰め込んでお送りします。
どこのカタログが入っているかは届いてからのお楽しみ。
なくなり次第頒布終了となりますので、お早めにお申し込み下さいね♪

<出版社(順不同)>
・Alfred/Belwin
・Baton Music
・C.L.Barnhouse
・De Haske
・Hafabra Music
・Hal Leonard


この中から4〜5冊程度をランダムにまとめてお送りしますが、出版社によって冊数が異なりますのでお早めにお申し込みいただいた方を優先的にお送り致します。






今日は金曜日、ということでこれからカレーを作る予定!
なぜ金曜日だからカレーなのかということは・・・・、ご想像下さい。
posted by fostermusic at 19:15| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

[本日発売!] 吹奏楽譜「オー・ソレ・ミオ〜ボラーレ(arr. 金山徹)」クラリネット8重奏「スペイン組曲」「魔法使いの弟子」(arr. 小栗克裕)

メルマガ配信いたしました!



さて、今日はイタリア、スペイン、フランスとヨーロッパにちなんだ各種新刊のご案内です。コンサートに、コンテストに広く演奏していただければ幸いです。

るんるん[吹奏楽-販売譜] オー・ソレ・ミオ〜ボラーレ(arr. 金山徹)
演奏時間:4分15秒 5250円(税込)

るんるん[Cl.8重奏] 魔法使いの弟子(デュカス arr. 小栗克裕)
演奏時間:11分0秒 8400円(税込)

るんるん[Cl.8重奏] スペイン組曲(全曲セット・会員限定)(アルベニス arr. 小栗克裕)
13440円(税込)

るんるん[Cl.8重奏] スペイン組曲 III. セビーリャ(アルベニス arr. 小栗克裕)
演奏時間:4分30秒 4200円(税込)

るんるん[Cl.8重奏] スペイン組曲 IV. カディス(アルベニス arr. 小栗克裕)
演奏時間:3分0秒 4200円(税込)

るんるん[Cl.8重奏] スペイン組曲 VI. アラゴン(アルベニス arr. 小栗克裕)
演奏時間:5分15秒 4200円(税込)

るんるん[Cl.8重奏] スペイン組曲 VII. カスティーリャ(アルベニス arr. 小栗克裕)
演奏時間:2分45秒 4200円(税込)

詳しくは前回のこちらの記事をご覧頂ければ幸いです。
是非チャレンジしてみてくださいね。


それでは、よい週末を!

posted by fostermusic at 14:39| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

[新譜情報]12月2日発売 - 吹奏楽譜「オー・ソレ・ミオ〜ボラーレ(arr. 金山徹)」クラリネット8重奏「スペイン組曲」「魔法使いの弟子」(arr. 小栗克裕)

先週の金曜日、待望のムノツィル・ブラス東京公演に行ってきました!急遽販売のお手伝いをすることになって、前後と休憩中はブースにいたのですが、バッチリ全プログラムを堪能させていただきました。
ギリギリで取った一番前の席でウヒャウヒャしてたら、メンバーにも気づいて頂けたようで、ステージからちょっぴりサービスしてもらっちゃいました(^^)/
一番前の席がこんなに嬉しいコンサートってほかにあんまりないですよね。
同じ思いのムノツィル通の皆さん方は、しっかりと前の方を陣取っておられまして、楽しそうにしている周りのお客さんたちを見てまた幸せな気持ちになるという、ファンとしても販売員としても嬉しいひとときでした。

今日の神戸を含め残すところあと5公演。
日本中にムノツィルファンが増えることを心から祈りつつ、遠くから彼らの公演にエールを送りたいと思います。

公演を見た人ならクスッとできるはず。観てない人には予告編として。
ドイツ語がわかったらもっと面白いのになぁ・・・




さて、今日は新譜のご案内です!

12月2日発売!
吹奏楽譜「オー・ソレ・ミオ〜ボラーレ(arr. 金山徹)」
クラリネット8重奏「スペイン組曲」「魔法使いの弟子」(arr. 小栗克裕)


「イタリアの声を被災地へ届けよう」ということで、日本・イタリア東北支援声援会が主催となって今年8月に開催された「LA VOCE for 陸前高田」というイベントのために書かれたアレンジで、高田高校吹奏楽部が演奏しました。
明るく力強い太陽が目に浮かぶような2曲のメドレーです。
[吹奏楽-販売譜] オー・ソレ・ミオ〜ボラーレ: O SOLE MIO - VOLARE
[吹奏楽-販売譜] オー・ソレ・ミオ〜ボラーレ(エドゥアルド・ディ・カプア arr. 金山徹)

このメドレーは、2011年8月に行われた、東日本大震災被災地児童支援イベント「LA VOCE for 陸前高田」のためにアレンジしました。1曲目「オー・ソレ・ミオ(O Sole Mio、私の太陽)」はイタリアのカンツォーネとして有名な曲で、多くのテノール歌手によって歌われています。オーケストラ(管弦楽)をイメージしたシンフォニックなアレンジにしました。2曲目は「ボラーレ(Volare)」。原題は「Nel Blu Dipinto Di Blu」ですが、有名なサビが「ボラーレ」という歌詞で始まるので、この曲名で呼ばれているようです。ここでは、ジプシーキングスがカバーしたラテンバージョンを元に、サビの部分だけを使っています。編成には入っていませんが、ラテンパーカッションを入れても良いと思います。




オブロー・クラリネット・アンサンブルのCDにも収録されているアレンジが遂に出版です!
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 魔法使いの弟子: The Sorcerer's Apprentice for Clarinet Octet
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 魔法使いの弟子(ポール・デュカス arr. 小栗克裕)

ディズニー映画「ファンタジー」でも有名なポール・デュカス作曲「魔法使いの弟子」をクラリネット8重奏で演奏できるようにアレンジしました。オブロー・クラリネット・アンサンブルの委嘱により定期演奏会で初演され、それ以降アンサンブル・コンテストなどで演奏されております。

♪参考音源はAmazonにて購入可能です!




もうひとつ、というか4つクラリネット8重奏です。

[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] スペイン組曲 III. セビーリャ: Suite Espanola III. Sevilla
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] スペイン組曲 III. セビーリャ(イサーク・アルベニス arr. 小栗克裕)

スペイン音楽とは、ギターやカスタネットといったスペイン舞踏(フラメンコ)で用いる楽器や音楽が連想されますが、アルベニスのピアノ作品は見事にピアノによってそれを表現した作品となっています。後にギター版にアレンジされた作品も多く、特に「セビーリャ"Sevilla"」はギターで弾かれる事の方が多いようです。作品の雰囲気をつかむためには、ピアノによる原曲だけでなくギターによる演奏を聴いてみると良いでしょう。カスタネットなどのリズムを入れてみると、一段とスペインの雰囲気になる事と思います。

セビーリャの雰囲気をたたえた作品で、舞曲セビリャーナスの速いテンポ、カスタネットのリズムにのって、復活祭聖週間の祭りの主題が情熱的に歌われます。それとは対照的に中間部では哀愁ただよう宗教歌サエータが流れます。


[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] スペイン組曲 IV. カディス: Suite Espanola IV. Cadiz
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] スペイン組曲 IV. カディス(イサーク・アルベニス arr. 小栗克裕)

《セレナータ・エスパニョーラ》作品181 から出版社が転用して組曲に入れた作品で、ジブラルタルの北西にある港市カディスの雰囲気を想わせる曲です。スペイン風舞曲のリズムにのせて、男性的なセレナータがのびやかに歌われます。


[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] スペイン組曲 VI. アラゴン: Suite Espanola VI. Aragon
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] スペイン組曲 VI. アラゴン(イサーク・アルベニス arr. 小栗克裕)

《2つのスペイン舞曲》作品164の第一曲〈アラゴン〉を出版社が転用して組曲に入れた作品で、東北スペインのアラゴン地方に知られるホタという民族舞曲が、華麗かつ爽快に描かれています。ホタは、速い3拍子のリズムとカスタネットの伴奏にのせて踊られます。


[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] スペイン組曲 VII. カスティーリャ: Suite Espanola VII. Castilla
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] スペイン組曲 VII. カスティーリャ(イサーク・アルベニス arr. 小栗克裕)

組曲《スペインの歌》作品232の第五曲〈セギディーリャス〉を出版社が転用して組曲に入れた作品で、カスターリャ地方のセギディーリャスという3拍子の民族舞曲で、リズム旋律がたくみに組み合わされ、曲を構成しています。



こちらは会員様限定のお得なセットです。





以上、新作のご案内でした。たくさんのご注文をお待ちいたしております。




また、先日のメールマガジンでもご案内いたしましたが、誠に勝手ながら明日と明後日は臨時休業をいただきます。

★臨時休業日:11月29日(火)、11月30日(水)


インターネット、FAXでのご注文・お問い合せは休業期間中も随時受け付けておりますが、発送業務および、ご質問に対する回答は翌営業日の12月1日(木)から順次行います。

期間中、お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。




posted by fostermusic at 17:27| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

樽屋雅徳「La speranza〜希望〜」吹奏楽譜無料ダウンロード開始しました

サーバーメンテナンスにつき、今日一日お客様には大変ご不便をお掛けいたしました。
そろそろ皆さまご覧頂けるようになりましたでしょうか?
無事、移行が完了いたしまして、今までよりも快適にご利用いただけるようになったのではないかと思います。
ホームページをご覧頂いていてなにか不具合やお気づきの点などございましたら、是非ご一報いただければ幸いです。

さて、本日より新コンテンツ開設です!




2011年10月9日に開催された「福島県立相馬東高等学校吹奏楽部 復興祈念特別演奏会」のために作曲された作品で、相馬東高等学校、土気シビックウインドオーケストラ、ベルモンテ・ウインドオーケストラの合同演奏で初演されました。
映像はその演奏会の様子をコラージュしたものです。


タイトルのLa speranzaは、イタリア語で「希望」の意味を持っており、先の見えない不安な状況のなかでも、音楽の力を信じ、 未来への希望を持ち続けて前進していこうという願いが込められています。

この楽譜はできるだけたくさんの人に演奏していただき、作品を通じて心を通わせていただきたいという、樽屋雅徳さんの希望で無料ダウンロードという形で公開する運びとなりました。

是非みなさんもダウンロードをして、ぜひ演奏の様子を録画・録音してYoutubeへ投稿してください。



楽譜のダウンロードはこちらです







ASongForJapanlogo.jpg
また、ご存じの方も多いと思いますが、A Song For Japanというプロジェクトがあります。
「この震災のために作られた楽曲を演奏して聴衆と一緒に被災地へ想いをめぐらせ、祈りを捧げよう」というプロジェクトのに主旨に賛同し、吹奏楽でもなにか発信できればと思い、規模は小さいですが今回の企画を始めることにしました。

A Song for Japanも、La speranzaもより多くの人に演奏してもらえたらいいなぁと思います。

幸いに2曲とも演奏させていただきましたが本当に美しい曲ですので、是非トライしてみて下さい。



というわけで、今日は樽屋雅徳「La speranza〜希望〜」無料ダウンロード開始のご案内でした。
皆さんの演奏もどしどしお寄せ下さい。
心よりお待ちしております!




posted by fostermusic at 17:41| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

合唱&吹奏楽で厳かなクリスマスはいかが? Baton Music クリスマス作品

気がつけばあっという間に11月。今年も残すところあと2ヶ月だなんてにわかに信じられないような信じたくないような・・・そんな気分です。

なんとなく暖かい日が続いているので、冬にむかっている実感があまりありませんが、街に出るとツリーのオーナメントやキラキラした雑貨などが並び始めてクリスマスも近いことを気づかせてくれます。

そんなわけで、今日はクリスマス音楽のご紹介を。年末にコンサートを控えている方はお早めに楽譜の準備をお済ませ下さいね!

20111102.jpg


ジングルベルやもろびとこぞりて、ウインターワンダーランドなんかの定番ももちろんクリスマス気分を盛り上げてくれますが、今年はぐぐっと厳かにクラシカルなクリスマスはいかがでしょうか?
ミニスコアのサンプルも掲載していますので、是非ゆっくりご覧下さい。


私のイチオシはこれ↓
[吹奏楽-輸入譜] クリスマスの朝(合唱付): Christmas Day Choral Fantasy on Old Carols
[吹奏楽-輸入譜] クリスマスの朝(合唱付)(グスターヴ・ホルスト arr. ジョス・ヴァン・デ・ブラーク)

1926年に作曲され、セントポール女学校でホルストの助手を務めたヴァリー・ラスカーに献呈されました。
「Good Christian Men, Rejoice」「God Rest Ye Merry Gentlemen」「Come ye lofty, come ye lowly」の3つのクリスマスキャロルを元にアレンジされた、親しみやすくかつ華やかな作品です。



おなじみのこの作品も歌が加わるとグッとグレードアップすること間違いなし






バッハのオラトリオからはこの2曲を






ほかにもたくさんのクリスマスソングをご用意しています。
クリスマスで検索

お探しの商品が見つからないときもお気軽にお問い合せ下さいね。


というわけで、今日はクリスマス音楽のご紹介でした。


posted by fostermusic at 17:35| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

[本日10月28日発売] サックス5重奏をお探しの方に朗報!Quintet CIRCシリーズ販売開始しました。

ちょっと手が回らず、2日ほど空いてしまいました。失礼しました。

昨晩、九州で法事があるという北海道の両親が一旦我が家に立ち寄ったのですが、今私が住んでいる場所が両親が若かりし頃に住んでいた場所にほど近く、ふたりにとっては思い出の詰まった界隈なので、一気に当時の記憶が吹き出したのかテンションが上がりまくり。
あそこの金物屋さんがまだあるだの、ここは風呂屋だっただの、ここら辺は運河だっただの、とにかく怒濤の懐かしトークを繰り広げて盛り上がりまくりでした。
そこをめんどくさがらず、へーとかふ〜んとか言いながらどこまでも付き合うのが娘の勤めと思い、寝落ちしそうになるのを懸命にこらえました(笑)
次は30日にまた舞い戻ってくるそうで、恐らく同じ話を2,3回は聞くことになろうかと思いますが、まぁ楽しそうな両親を見ているのも悪くないので適当に付き合おうと思っている次第です。



さて、今日は本日発売のサックスアンサンブルシリーズをご案内します!

クインテット・シルク「『四季』より冬」「ホルベルグ組曲」「たなばたさま」「さとうきび畑」「ふるさと変奏曲」& 塩安真衣子編曲サックス3重奏「一月一日」

[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] ふるさと変奏曲: Japnese Folksong FURUSATO Variation for Saxophone Quintet
[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] ふるさと変奏曲(岡野貞一 arr. 塩安真衣子)

世界の国々(ふるさと)を旅するように、日本、中国、アメリカなど各場面でガラッと雰囲気が変わる楽しいアレンジです。


[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] さとうきび畑: Sugarcane Field for Saxophone Quintet
[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] さとうきび畑(寺島尚彦 arr. 塩安真衣子)

沖縄返還に関する日米共同声明が発表された1967年に発表された作品です。全部で11連からなり、2001年に森山良子が全曲版でリリースし涙そうそうと共にヒットしました。
ハーモニーを楽しみながら心を込めて演奏してください。


[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] たなばたさま: TANABATASAMA for Saxophone Quintet
[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] たなばたさま(下総皖一 arr. 塩安真衣子)

昭和16年に国民学校令が制定され国定教科書がが編纂される際に作られた文部省唱歌で「うたのほん」に収録された作品です。
各楽器の掛け合いを楽しみながらノリよく演奏してください。


[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] ホルベルク組曲: Aus Holbergs Zeit Suite for Saxophone Quintet
[サクソフォン5重奏-アンサンブル楽譜] ホルベルク組曲(エドヴァルド・グリーグ arr. 塩安真衣子)

1.前奏曲
2.サラバンド
3.ガヴォットとミュゼット
4.アリア
5.リゴドン





[サクソフォン3重奏-アンサンブル楽譜] 一月一日: The Song of a New Year's Day for Saxophone Trio
[サクソフォン3重奏-アンサンブル楽譜] 一月一日(上眞行 arr. 塩安真衣子)

年のはじめの ためしとて、でよく知られるお正月ソングです。1893(明治26)年に「小学校祝日大祭日歌詞並楽譜」で発表されました。
お正月のめでたい明るい雰囲気で演奏しましょう。






BRASSBAND CLUBの(ご)さんにもツイートでご紹介していただいたのですが、ヴィヴァルディの「四季」より冬は、悩んだ末にグレード5+をつけさせていただきました。ダブルタンギング必須です。
シルクさんの演奏を生で聞いてのけぞった記憶があまりに鮮明だったのも理由のひとつです。

特に1楽章は、相当腕に覚えのある方でないとなかなか厳しいアレンジですが、全楽章を完奏した暁には弦楽合奏を上回る迫力のある演奏が出来ることをお約束いたします。
2楽章だけピックアップしてやるもよし、中高生は2,3でアンコンを目指すもヨシ、でございます。
音楽的にも技術的にも一皮剥けること請けあい。


そんなわけで、「難しい!でもやってみたい!!」と評判の我が社のアーティストシリーズにまた新たな刺客が加わりました。
プロの世界に一歩でも近づきたい貴方のチャレンジを心よりお待ち申し上げます。




posted by fostermusic at 20:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

[明日10月14日発売] 小栗克裕氏アンサンブル楽譜「Quasi Astor(fl.6)」「ふるさと(cl.8)」「月の砂漠(cl.8)」「荒城の月(cl.8)」

某大型電気店のポイントがかなり貯まっていたので、ここ7〜8年持っていなかった炊飯器を買いました。
「炊飯器がない」という話をすると「ご飯どうしてんの?」と驚かれるのですが、土鍋で炊いたり圧力鍋で炊いたり、持ってないなら持ってないで結構どうにでもなるものなんです(笑)
でも、最近の炊飯器はかなり優秀らしいということで、思い切ってちょっといいやつを全額ポイントでゲット。

ちょうど福島県産の新米ひとめぼれを購入したばかりだったので、喜び勇んで昨日初炊飯してみました。
水加減がちょっと多かったようで柔らかめになってしまいましたが、いただきものの仙台牛たん味噌を乗っけておいしく頂きました。

温泉卵を作ったりケーキを焼いたり蒸し料理をつくったりいろいろできるらしいので、しばらくはいいおもちゃになりそうです。(笑)



さて、明日14日はアンサンブルの新作4タイトルが発売となりますので、改めてご案内いたします。
ぜひぜひチェックしてみてくださいね!

るんるんフルート
[フルート6重奏-アンサンブル楽譜] クアジ・アストル〜アストル風に:
[フルート6重奏-アンサンブル楽譜] クアジ・アストル〜アストル風に(小栗克裕)

アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla, 1921〜1992)はアルゼンチンの作曲家、バンドネオン奏者として独自のスタイルによるタンゴを確立させました。その作風や和声を模倣し、しかも作品のモチーフをちりばめ、ピアソラの好んだフーガまで盛り込んだ「アストル・ピアソラ風」作品が、この「Quasi Astor」です。私も小学校時代住んでいたゆかりのある長野県松本市で、フルート教室を主宰なさっている居石ひとみさんの委嘱によって書かれ、多くの高校生達がこの作品でアンサンブルコンテストに出場しています。




るんるんクラリネット

[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 「ふるさと」による変奏曲: Variations on
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 「ふるさと」による変奏曲(岡野貞一 arr. 小栗克裕)

唱歌「ふるさと」に前奏と後奏(「ふるさと」のモチーフをポリフォニーの手法で展開させて)をつけ、テーマと二つの変奏曲にまとめた作品です。オブロー・クラリネット・アンサンブルの委嘱により定期演奏会で初演されています。



[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] ピアソラ風「月の砂漠」:
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] ピアソラ風「月の砂漠」(佐々木すぐる arr. 小栗克裕)

佐々木すぐる作曲「月の砂漠」をピアソラ風にアレンジ、というよりはピアソラの作品の上に「月の砂漠」の旋律が乗っているような作品です。アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla, 1921〜1992)はアルゼンチンの作曲家、バンドネオン奏者として独自のスタイルによるタンゴを確立させた人です。
ピアソラの作品のスペシャリストでもあるオブロー・クラリネット・アンサンブルの委嘱により編曲されました。
ピアソラのタンゴは、やはり彼のバンドネオン自作自演による1980年代中期からのキンテート(5重奏)の演奏を参考に聴いてみてください。一押しは「Tango: Zero Hour」 (1986)でしょう。


[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 「荒城の月」による変奏曲: Variations on
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] 「荒城の月」による変奏曲(瀧廉太郎 arr. 小栗克裕)

瀧 廉太郎作曲「荒城の月」に前奏、間奏、後奏をつけ、テーマと二つの変奏曲にまとめた作品です。
オブロー・クラリネット・アンサンブルの委嘱により定期演奏会で初演されています。




ご注文お待ちしております♪


posted by fostermusic at 20:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

[新譜情報] 明日9月30日発売 ジブリの名曲をジャズアレンジで「GHIBLI-in-JAZZ Series」

皆さま全国大会高校の部のチケットはゲットできましたでしょうか?
おとといの18時が当選発表だったのをすっかり忘れていて今朝恐る恐るぴあにログインしたら無情にも落選の文字が。しかも前後半ふたつとも・・・。く〜もうやだ〜(悲しい顔)
しかたないですね、しかたないっす、しかたないよ、だって・・・抽選だもの(by みつを)
そうは言いつつ悔しいものですね〜。久々に味わいました、このハズレの感覚。

当たった皆さん、どうぞステージの中高生へ温かい応援をお願いいたします。


さて、今日はベル・ミュージック・プレスさんから明日発売の新譜のご案内です。

「ジブリ映画の名曲をジャズのテイストで」というコンセプトでトランペット奏者の赤塚謙一さんがアレンジし大ヒット中のビッグバンド作品の吹奏楽版が登場!
吹奏楽版を手がけたのはフォスターミュージックでも大変お世話になっている、わたくし榊本の大先輩!渡部哲哉さん。
赤塚謙一さんのオリジナルに忠実に、そしてビッグバンドサウンドを損なわないようにオーケストレーションされており、ジャズのテイストに吹奏楽特有のシンフォニックな響きを加えた、これまでにない素晴らしいアレンジとなっています。

今までとはちがったジブリの魅力に触れてみてはいかがでしょうか?

GHIBLI-in-JAZZ Series 全6作
[吹奏楽-販売譜] となりのトトロ(映画「となりのトトロ」より)
[吹奏楽-販売譜] となりのトトロ(映画「となりのトトロ」より)(久石譲 arr. 渡部哲哉)

あの愛くるしいトトロのテーマ曲「となりのトトロ」をカウント・ベイシー風のミディアムスウィングで。
曲やアレンジの良さもさることながら、スウィングの基礎を身につけるのにも最適です。


[吹奏楽-販売譜] 風の通り道(映画「となりのトトロ」より)
[吹奏楽-販売譜] 風の通り道(映画「となりのトトロ」より)(久石譲 arr. 渡部哲哉)

映画「となりのトトロ」の挿入歌。ゆったりと流れるこの曲を、ブラジリアン・サンバ調の軽快でアップテンポにアレンジ。ラテン・パーカッションを加えてリズミカルに演奏すると効果的です。


[吹奏楽-販売譜] ねこバス(映画「となりのトトロ」より)
[吹奏楽-販売譜] ねこバス(映画「となりのトトロ」より) (久石譲 arr. 渡部哲哉)

原曲のイメージを残しつつ、軽快なシャッフルのアレンジに仕立てました。さらに後半はディキシーランド・ジャズにリズムが変わり、聴衆からも自然と拍手がわいてくるような楽しい雰囲気を持っています。



[吹奏楽-販売譜] 海の見える街(映画「魔女の宅急便」より)
[吹奏楽-販売譜] 海の見える街(映画「魔女の宅急便」より)(久石譲 arr. 渡部哲哉)

映画「魔女の宅急便」の挿入歌。原曲は幻想的なイメージを持っていますが、これをボサノバ風にアレンジ。元となるビッグバンドのアレンジと同様にソプラノサクソフォンをフィーチャーしていますが、他の楽器でもソロを取れるようにBb、Eb、C、Fのメロディー譜を同梱しています。


[吹奏楽-販売譜] カントリーロード(映画「耳をすませば」より)
[吹奏楽-販売譜] カントリーロード(映画「耳をすませば」より)(ジョン・デンバー arr. 渡部哲哉)

映画「耳をすませば」の主題歌。曲名の通りのカントリー調の曲を見事なスピード感のあるスウィングに仕立てた、聞き映えのするアレンジ。ゆったりとしたゴスペル風のイントロとエンディングが中間部のファースト・スウィングをいっそう引き立てています。


[吹奏楽-販売譜] ナウシカ・レクイエム(映画「風の谷のナウシカ」より)
[吹奏楽-販売譜] ナウシカ・レクイエム(映画「風の谷のナウシカ」より)(久石譲 arr. 渡部哲哉)

原曲はとても静かで心にしみるような曲ですが、これをアルト・サクソフォン、トランペットとトロンボーンをフィーチャーしたディキシーランド・ジャズにアレンジ。お客様の拍手をいただいて、明るく楽しいステージにできるアレンジです。




吹奏楽演奏での音源は出ていませんが、こちらを参考にしてくださいね。

iTuneミュージックストアでもご購入可能です。

というわけで、新譜のご案内でした。



ちなみに、今日は何の日?的には、1948年9月29日 榊本父 生誕(笑)
ギターが趣味で、こどもが独立したのちにミュージシャンでもないのに子供部屋をスタジオ化してしまったこだわりの人です。北海道在住。ずいぶん練習はしているようですが、ステージに立つ日は来るのか、来ないのか。
来月両親がこちらに遊びに来るのでそれに合わせて、とある人気公演のこれまた抽選チケットを申し込んでいて今日これから結果発表。よい誕生日プレゼントができるといいのですが・・・。





posted by fostermusic at 17:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

[新譜情報]本日発売-吹奏楽新譜「ハウルの動く城」より(片岡寛晶編)合唱奏「ありがとう」「虹色の階段」(樽屋雅徳)

東海、関東近郊の皆さま、昨晩は無事帰宅できましたでしょうか?
私は近くのレンタカー屋さんで車を借りてノロノロ運転で帰宅したのですが、それでも風にあおられるしゴミ箱やら傘やらいろんなものが飛んでくるし怖かったです。おまけに地震まで来るし。
なんとなく落ち着かない日が続きますが、イイ音楽で元気出していきましょう!



というわけで、先日もご案内させていただきましたが再度ご案内。
本日は新譜3タイトルが発売です。

[吹奏楽-販売譜] 虹色の階段 I want to be with you(合唱奏)
[吹奏楽-販売譜] 虹色の階段 I want to be with you(合唱奏)(樽屋雅徳)

銚子市立銚子高等学校の吹奏楽部のために作曲しました。
卒業していく3年生のために「感謝」の気持ちを込めて、1.2年生が作った歌詞にメロディをのせました。
「「夢」へと続く虹色に輝く階段。時にそれは困難にも姿を変え、数知れず涙を流し、それでも登り続けられたのは、いつもそばで支えてくれた先輩のおかげです。」
吹奏楽部に限らず、どんな部活でも「夢」や「目標」があり、それに向かってがむしゃらに毎日を過ごしています。
そしてその中で「絆」ができ、いつまでもこの仲間と一緒にいたいI want to be with you.という思いが生まれてくるのだと思います。
そんな思いがこの歌には込められています。(樽屋雅徳)



[吹奏楽-販売譜] ありがとう With all our heart(合唱奏)
[吹奏楽-販売譜] ありがとう With all our heart(合唱奏)(樽屋雅徳)

ありがとうの語源は、形容詞「有り難し(ありがたし)」の連用形「有り難く」がウ音便化したものだそうです。
「有り難し」とは、本来「有ること」が「難い(かたい)」、すなわち「滅多にない」や「珍しくて貴重だ」という意味であったそうです。
わたしはこの「ありがとう」という日本語が一番美しく思い大好きです。
わたし自身も大変お世話になった、銚子市立銚子高等学校の吹奏楽部の顧問の先生が異動なさる時に、当時の生徒たちと作り、送った歌です。
言葉だけでは伝えきれない思い、決して色褪せることのない記憶、「ありがとう」だけでは感謝しきれない思いを歌にしました。(樽屋雅徳)



[吹奏楽-販売譜] 「ハウルの動く城」より、世界の約束〜人生のメリーゴーランド: Theme from Howl's Moving Castle
[吹奏楽-販売譜] 「ハウルの動く城」より、世界の約束〜人生のメリーゴーランド(久石譲 arr. 片岡寛晶)

2004年、スタジオジブリ公開の映画『ハウルの動く城』から、世界の約束〜人生のメリーゴーランドを、吹奏楽版にアレンジしました。
ヒロイン・ソフィ役、倍賞千恵子氏が歌う世界の約束は、今もなお多くの方に親しまれており、作曲を『千と千尋の神隠し』で脚光を浴びた木村弓氏が担当、また作詞を谷川俊太郎氏が手掛けるなど、当時豪華キャスティングとしても話題になった作品です。
原曲では日本語の美しさがキラリと光り、心に沁みる切々とした歌声は吹奏楽で演奏する際も同じように旋律はたっぷりと、また伴奏においては響きを大切に、美しいロングトーンで奏でられると良いのではないでしょうか。
人数が多い場合は、演奏者を減らすなどして、歌を取り入れても面白いかもしれません。
人生のメリーゴーランドは、ジブリ映画でお馴染みの作曲家、久石譲氏による作品です。
原曲のイメージを壊さぬよう、ピアノソロを取り入れてみました。優美に、時にはダイナミックに、自由に表現をしてみてください。途中、各楽器によるソリスティックな部分が出てきますので、パート内で工夫し楽しく効果的に演奏してみましょう。
基本は、原曲の雰囲気をそのままにアレンジしておりますが、吹奏楽特有のサウンドを生かすため、随所に渡りオブリガート及び打楽器セクションを充実させました。
日本を代表するジブリ作品『ハウルの動く城』を、皆さんの手でより多くの方へ、吹奏楽の魅力を通じて伝えてください。(片岡寛晶)




スコアサンプルは全ページ掲載しております。また、合唱奏の2作品はMIDIではありますが音源もお聞きいただけますので是非ご検討下さいませ。ご注文お待ちいたしておりま〜す。




私的宣伝コーナー

あさって24日14時〜、アマチュアサックスオーケストラ「That's Saxophone Pilharmony」のソロ・アンサンブルコンサートに出演いたします@代々木オリンピックセンター小ホール

普段は20人ほどでオーケストラ作品などを演奏しているのですが、今回はカルテットやデュオなど小さいアンサンブルを何組か組んで発表会形式のコンサートを行います。

お時間ある方は是非いらしてくださいませ。 詳細はこちらです

posted by fostermusic at 19:10| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

[新譜情報]9月22日発売-吹奏楽新譜のご案内!「ハウルの動く城」より(片岡寛晶編)合唱奏「ありがとう」「虹色の階段」(樽屋雅徳)

今日はひさしぶりに長く揺れました。皆さんの周りは大丈夫でしょうか。
ゆうべ、ふと「最近あんまり揺れなくなったな」と思っていたところだったので、不意を突かれました。
お風呂に水を溜めておくことと、大事な人と緊急時にどうやって連絡を取り合うか折に触れてシミュレートして決めておこうと思いました。

災害対策についてこのサイトがうまくまとめてくれてて役に立つと思うので、私みたいに緊急時対策なんにもしてないや〜という方は参考にするとよいと思います。


さてさて、9月22日発売の吹奏楽新作3タイトルのご案内です。


ひとつはスタジオジブリ映画から「ハウルの動く城」より、世界の約束〜人生のメリーゴーランドのメドレー。
世界の約束は、じわ〜っと胸に染みるいい曲ですよね。
人生のメリーゴーランドの最後の転調のところはいつ聞いてもぐっときます。イイ!

原曲の雰囲気そのままに、かつさらに豪華にアレンジしてありますので、是非演奏会でお客様の鳥肌をスタンドアップさせちゃってくださいw

[吹奏楽-販売譜] 「ハウルの動く城」より、世界の約束〜人生のメリーゴーランド: Theme from Howl's Moving Castle
[吹奏楽-販売譜] 「ハウルの動く城」より、世界の約束〜人生のメリーゴーランド(久石譲 arr. 片岡寛晶)

2004年、スタジオジブリ公開の映画『ハウルの動く城』から、世界の約束〜人生のメリーゴーランドを、吹奏楽版にアレンジしました。
ヒロイン・ソフィ役、倍賞千恵子氏が歌う世界の約束は、今もなお多くの方に親しまれており、作曲を『千と千尋の神隠し』で脚光を浴びた木村弓氏が担当、また作詞を谷川俊太郎氏が手掛けるなど、当時豪華キャスティングとしても話題になった作品です。
原曲では日本語の美しさがキラリと光り、心に沁みる切々とした歌声は吹奏楽で演奏する際も同じように旋律はたっぷりと、また伴奏においては響きを大切に、美しいロングトーンで奏でられると良いのではないでしょうか。
人数が多い場合は、演奏者を減らすなどして、歌を取り入れても面白いかもしれません。
人生のメリーゴーランドは、ジブリ映画でお馴染みの作曲家、久石譲氏による作品です。
原曲のイメージを壊さぬよう、ピアノソロを取り入れてみました。優美に、時にはダイナミックに、自由に表現をしてみてください。途中、各楽器によるソリスティックな部分が出てきますので、パート内で工夫し楽しく効果的に演奏してみましょう。
基本は、原曲の雰囲気をそのままにアレンジしておりますが、吹奏楽特有のサウンドを生かすため、随所に渡りオブリガート及び打楽器セクションを充実させました。
日本を代表するジブリ作品『ハウルの動く城』を、皆さんの手でより多くの方へ、吹奏楽の魅力を通じて伝えてください。(片岡寛晶)




あと2つは樽屋雅徳さんオリジナルの合唱曲。これから3年生の引退、卒業式シーズンに向けてもピッタリの曲だと思います。

[吹奏楽-販売譜] ありがとう With all our heart(合唱奏)
[吹奏楽-販売譜] ありがとう With all our heart(合唱奏)(樽屋雅徳)

ありがとうの語源は、形容詞「有り難し(ありがたし)」の連用形「有り難く」がウ音便化したものだそうです。
「有り難し」とは、本来「有ること」が「難い(かたい)」、すなわち「滅多にない」や「珍しくて貴重だ」という意味であったそうです。
わたしはこの「ありがとう」という日本語が一番美しく思い大好きです。
わたし自身も大変お世話になった、銚子市立銚子高等学校の吹奏楽部の顧問の先生が異動なさる時に、当時の生徒たちと作り、送った歌です。
言葉だけでは伝えきれない思い、決して色褪せることのない記憶、「ありがとう」だけでは感謝しきれない思いを歌にしました。(樽屋雅徳)


[吹奏楽-販売譜] 虹色の階段 I want to be with you(合唱奏)
[吹奏楽-販売譜] 虹色の階段 I want to be with you(合唱奏)(樽屋雅徳)

銚子市立銚子高等学校の吹奏楽部のために作曲しました。
卒業していく3年生のために「感謝」の気持ちを込めて、1.2年生が作った歌詞にメロディをのせました。
「「夢」へと続く虹色に輝く階段。時にそれは困難にも姿を変え、数知れず涙を流し、それでも登り続けられたのは、いつもそばで支えてくれた先輩のおかげです。」
吹奏楽部に限らず、どんな部活でも「夢」や「目標」があり、それに向かってがむしゃらに毎日を過ごしています。
そしてその中で「絆」ができ、いつまでもこの仲間と一緒にいたいI want to be with you.という思いが生まれてくるのだと思います。
そんな思いがこの歌には込められています。(樽屋雅徳)




音楽がたくさんの人の心の支えとなることを願いつつ、新譜のご案内でした。
優しい音楽で心に栄養を。

ではでは、また明日るんるん


ブログの文字をちょっと大きくしたの気づきました?
最近、眼精疲労が激しいのでじぶんのためにあせあせ(飛び散る汗)
posted by fostermusic at 19:14| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

[新譜情報]8月25日発売-吹奏楽新譜のご案内!樽屋雅徳編「虹の彼方に〜楽器紹介のための」「上を向いて歩こう」「三百六十五歩のマーチ」

豪雨に地震と落ち着かない一日でしたが皆さん大丈夫ですか?

うちの担当のヤマトの運転手さんは集荷に来るなり「財布落としちゃいました・・・」とため息。
天災ももちろんですが、落とし物忘れ物にも十分ご注意下さいませ。
特に男性の皆さん、お尻のポケットは要注意ですよ。


さて、今日は新譜のご案内。元気の出る3曲をご用意しました。
すぐに使えて長く使える作品になっていますので、蔵書として1バンドに1冊おいていただけたらなぁと思っています。

るんるん「こち亀 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜」主題歌
[吹奏楽-販売譜] 三百六十五歩のマーチ
[吹奏楽-販売譜] 三百六十五歩のマーチ(米山正夫 arr. 樽屋雅徳)

1968年11月10日に水前寺清子が歌う13枚目のシングルとして発売され、サブタイトルには歌詞にも登場する「ワン・ツー・パンチ」というタイトルが付けられました。タイトルの通り、一日一歩ずつ歩み続ける人々の人生を励ます行進曲調の曲で、はつらつとした水前寺の雰囲気と、元気と勇気を与える景気の良い歌声が評判となり、100万枚を超える大ヒット曲となりました。以来、この曲は水前寺清子の代表曲となりました。1964年にデビュー以来、演歌歌手として数々の楽曲をリリースしてきた中では、初めての歌謡曲ナンバーとなり、1969年には第41回選抜高等学校野球大会の入場行進曲として使用され、同年末には第11回日本レコード大賞大衆賞、第2回日本作詩大賞大衆賞を受賞しました。
その他、1991年フジテレビ系のアニメ「丸出だめ夫」の主題歌や、近年では2011年8月6日公開の日本映画「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜」の主題歌としても採用されました。




るんるん「コクリコ坂から」挿入歌
[吹奏楽-販売譜] 上を向いて歩こう
[吹奏楽-販売譜] 上を向いて歩こう(中村八大 arr. 樽屋雅徳)

「上を向いて歩こう」は誰もが一度は聴いた事のある坂本九の代表曲。この曲が1961年7月21日の中村八大リサイタルのために書き下ろされ、その後10月にシングル曲としてレコーディングされ、爆発的な大ヒット曲となりました。2011年で50回目の誕生日を迎えたこの名曲は日本国内に留まらず、世界にも影響を与え、1963年6月15日には「SUKIYAKI」のタイトルで、日本の曲としては初めて全米ビルボード誌において3週連続第1位に輝きました。これは後にも先にもこの曲をおいて他にない記録です。更に「SUKIYAKI」は世界約70ヵ国で発売されて以来、総売り上げ枚数は1,000万枚を超え、アメリカのラジオでのオンエア回数は100万回を超えました。そして翌1964年5月には、外国人としては初めてとなる全米レコード協会認定のゴールドディスクを受賞するなど、輝かしい記録を残しています。
東日本大震災後、数々のアーティストが歌いつないだサントリーのCMで話題となり、またスタジオジブリのアニメ映画「コクリコ坂から」の挿入歌としても使用されたことからシングルCDとなって再リリースされるなど、半世紀を経た今、あらためて私たちを勇気付けてくれるニッポンの歌として注目を集めています。




るんるん楽器紹介の定番に!
[吹奏楽-販売譜] 虹の彼方に〜楽器紹介のための: Over the Rainbow
[吹奏楽-販売譜] 虹の彼方に〜楽器紹介のための(ハロルド・アーレン arr. 樽屋雅徳)

1939年のミュージカル映画「オズの魔法使」の劇中歌で、ジュディ・ガーランドが歌い同年の歌曲賞を受賞しました。
カンザスの農場に住む少女ドロシーはいつも「虹の彼方のどこかに」よりよい場所があると夢見てたそんなある日、突然の竜巻に襲われて魔法の国オズへ運ばれてしまいます。「オズの魔法使いに会えば、カンザスへ戻してくれるだろう」という北の魔女グリンダの言葉を信じ、知恵がない案山子、心を持たないブリキ男、臆病なライオンと出会い、それぞれの願いを叶えてもらうためエメラルドの都にいるという魔法使いオズのもとへと向かいます。
映画撮影の当初、14才のドロシーが歌うには大人び過ぎているという物言いがつき、「虹の彼方に」の歌唱シーンは危うくカットの憂き目にあうところでしたが、プロデューサーのアーサー・フリードが猛反対をし、この名曲は晴れて世に送り出されることとなりました。結果アカデミー歌曲賞を受賞して大ヒットし、このミュージカルの主題歌とも言うべき作品として現在まで愛され続けています。

このアレンジでは、各セクションソロが順番に登場し楽器紹介用の作品としてもお楽しみ頂けます。オリジナルのナレーションを入れたり、パートごとに振り付けを考えたり、工夫を凝らして華やかに演奏していただければ幸いです。




絶賛ご予約受付中です!
お待ちしております!!


posted by fostermusic at 17:20| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

新譜情報:2011/8/19発売 ブレーンアンサンブル新刊21タイトル予約受付開始

千葉県大会高校Aを午前中だけ聞いてきました。
今日は時間を間違えず10時ちょっと前に千葉県文化会館に到着。
一息ついてロビーで水を飲んでいたら1ベルが鳴って、急いで入ろうと思ったらアウトでしたがく〜(落胆した顔)
演奏が始まってから席を探してウロウロする人がいても審査の妨げになっちゃいますものね。反省。

今日のスタッフは習志野高校の生徒さんだったのですが、携帯OFFや飲食禁止を呼びかけたり出入り口の誘導をしたり慣れた様子でテキパキと動いていました。さすがです。



さて、そろそろコンクールが一段落し早くもアンサンブルの選曲シーズンが始まります。
ブレーンさんより8月19日発売の新刊情報が入りましたのでご案内。


るんるんフルート
[フルート4重奏-アンサンブル楽譜] インストゥルメンタル・カラーズT
[フルート4重奏-アンサンブル楽譜] インストゥルメンタル・カラーズT(荒川洋)

"全三楽章で構成される。同族楽器が集ったときの、様々な和声感や音色感を追求した曲に仕上げた。1楽章: Allegro 20歳の時に学びに行ったニースの回想録。変拍子で、小節を区切らず一定 のリズムで進行する。音で細分化された時間と、突如として現れる長いフレーズが対話をする断片的な楽章。2楽章:Moderato 人と音楽をこよなく愛し、 パリ音楽院教授を長年務めながら喜怒哀楽に満ちた人生を謳歌した、フルート奏者アラン・マリオンは1998年享年59歳でこの世を去った。 素晴らしい師匠であり演奏家だった彼へのささやかなオマージュ。3楽章: Presto 古き良き時代のフランス風ラテン音楽と進化し続ける音楽とがクロスオーバーする楽章。ノスタルジーに浸りながらも、万華鏡のような華やかな色彩を放ち、それぞれが融合し作品が結実する。


[フルート4重奏-アンサンブル楽譜] テルミニ
[フルート4重奏-アンサンブル楽譜] テルミニ(八木澤教司)

・第1楽章:ランチタイム
・第2楽章:月の灯りにて
・第3楽章:教会へ向かう人々
・第4楽章:ショッピング"

"フィオーレの委嘱シリーズの第3作目。今回はこれまでの作品とは異なりアルト、バスといった特殊管を使用して欲しいとのご要望に沿って作曲しています。2010年8月中旬にイタリアに訪れた時に出会ったテーマを基に現地にて作曲を進め完成させました。「テルミニ」とはローマの玄関口とも言える中央駅のことで、古代ローマ帝国の皇帝ディオクレティアヌスのテルメの遺跡に近いことからこの名が付いたようです。 又、テルミニ(Termini)はイタリア語で終点を意味する語句ではありますが、名称はイタリア語の終点とは関係がなく浴場近くのこの土地の名前が付けられたと言われています。6日間、毎日のようにこの駅付近を徒歩で行き来し体験した印象をエッセイ風に書かせて頂きました。




るんるんクラリネット
[クラリネット-アンサンブル楽譜] 3つの魔法
[クラリネット-アンサンブル楽譜] 3つの魔法(高橋宏樹)

・I. 風の魔法
・II. 海の魔法
・III. 月の魔法

この曲は3つの楽章から成り、それぞれ「風の魔法」「海の魔法」「月の魔法」という副題がつけられています。「風の魔法」は爽やかなテーマで始まり途中いかにも魔法らしい部分は全音階で表現されています。2楽章の「海の魔法」は終始妖しい雰囲気で寄せては返すアルペジオが波を表しています。「月の魔法」は技巧的な楽章でせわしない16分音符フレーズのなか中間で1楽章のメロディが一瞬顔を出しすぐにテーマは戻って激しいまま幕を閉じます。アンサンブルやエチュードに適した作品になっています


[クラリネット4重奏-アンサンブル楽譜] 朱のインパルス
[クラリネット4重奏-アンサンブル楽譜] 朱のインパルス(江原大介)

"難解な響きを伴いながら、パズル的要素とアクション性を含んだ作品。この作品にメロディやハーモニーというものは重要視はしておらず、音響と空間性を主としている。タイトルはあくまでもイメージであり、極めて抽象的な音楽を目指している。一瞬一瞬にエネルギーを発生させていく概念、各楽器間によりこのエネルギーを誘発させる要素を含みながら進行していく。冒頭はテンポが揺らぎながら、時間と空間を行き来する音響体を表現。そしてリズミックで儀式的な様相を示す場面へと入る。後半では前半の儀式的様相に戻る(ソナタ形式による再現部の部分をイメージ)が、これらの音響体は一つの形へ融合、決裂、融合を繰り返していき、最後は塊となり飛び散っていく。演奏に際して、音楽の在り方を考えながら演奏しなければいけないと思います。美しい音を出す、表現を豊かにしながら歌うように吹こう、という考えだけではなく、「音響を生み出し操作することで表現する音楽」という考えを浮かべると、この作品に対して迷いが減っていき、冷静に向き合えると思います。


[クラリネット4重奏-アンサンブル楽譜] ヴォイニッチ手稿
[クラリネット4重奏-アンサンブル楽譜] ヴォイニッチ手稿(清水大輔)

世界で最もミステリアスな書物と呼ばれている『ヴォイニッチ手稿』。およそ230ページで構成されており見た事も無い不思議なアルファベットが書かれ、さらに不思議な植物の挿絵が描かれている。ちなみにヴォイニッチとはこの書物の発見者の名前です。なぜこの書物がミステリアスなのか、何一つ確かな証拠が見つかっていないからです。誰が書いたのか、いつ書かれたのか、何が書いてあるのか、何語で書かれているのか。 そしておそらくは2人以上の異なった人物によって、しかも異なった言語を用い書かれているということも更なる不思議です。2, 3の植物を除き、描かれている絵は空想上の植物だと考えられています。この不思議な書物の印象を表現したのが今作品ですが、私が感じた見た事も無い『文字』、『絵』(特に挿絵を見た感覚)を『音符』で表しました。書物と同様に各場面の音符がどの部分を表現したかは・・・演奏して下さる方々、聴衆の方々に委ねたいと思います。


[クラリネット5重奏-アンサンブル楽譜] ミニチュア・タウン
[クラリネット5重奏-アンサンブル楽譜] ミニチュア・タウン(石毛里佳)

"ある日のお散歩中に偶然見かけた絵をもとに、そこから思いついたモチーフで曲を作っています。カラフルで元気な街を縮小して、上から見ているようなイメージで書きました。
演奏は、楽しく、かわいく、元気良く。また、スタッカート的な部分と、レガートの部分が、同じテンポの中でも表情ぱっと変わると面白いかな、と思います。




るんるんサックス
[サクソフォン4重奏-アンサンブル楽譜] ヒア
[サクソフォン4重奏-アンサンブル楽譜] ヒア(岩田学)

"今日ほど家族とは何か?仲間とは?人と人とのつながり…、そして、本当に大切なことは何か?あらためて考えさせられることはありません。また、音楽や映画、芝居や文学といった「芸術」の持つ力が、これほど人々の支えになると感じることもありませんでした。
初演は2011年6月東京文化会館小ホール「ヴィーヴ!サクソフォーン・クヮルテット リサイタルVol.9」ヴィーヴ!サクソフォーン・クヮルテットによって演奏された。




るんるんバリチュー
[ユーフォニアム3重奏-アンサンブル楽譜] ユーフォニアム三重奏のための舞曲集
[ユーフォニアム3重奏-アンサンブル楽譜] ユーフォニアム三重奏のための舞曲集(飯島俊成)

この曲は、奈良教育大学のEuphonium奏者から委嘱を受けて作曲したものです。曲名は「Dances」としましたが、実際のダンスの動作なりリズムを取り入れたものではありません。ですから、それぞれの楽章や部分を自由に演奏してください。演奏する時の手がかりも自由に。他のいろいろな曲と同様に、たとえばここはこういう場面、その先はこういう場面、こういうことが起きる等、演奏者同士でイメージを膨らませて自分達にしか演奏できないDancingをしていただけたらと思います。どのパートも決して優しくはなく、またアンサンブルもかなり難しい部分があると思いますが、音楽の流れを大切にしてください。楽器編成はEuphonium3人でも構いませんが、もし楽器を調達できるようであれば、例えば1st.をBaritoneで演奏することで表現の幅が拡がります。Baritoneの使用はどのパートにおいても可とします。また、アンサンブルコンテストなどで使用する場合、Hornで演奏することも可とします(ただし難易度はさらに上がります)


[バリ・テューバ4重奏-アンサンブル楽譜] プッチーニ・オペラアリア集
[バリ・テューバ4重奏-アンサンブル楽譜] プッチーニ・オペラアリア集(ジャコモ・プッチーニ arr. 山里佐和子)

19世紀末のイタリアを代表する作曲家・G.プッチーニ(1858~1924)は、多くの傑作オペラを残しています。  その魅力の一つは、美しい旋律のアリア。中でも『トスカ』より『星は光りぬ』、『蝶々夫人』より『ある晴れた日に』、『ジャンニ・スキッキ』より『私のお父さん』、『トゥーランドット』より『誰も寝てはならぬ』の4曲はいずれ劣らぬ名作で、広く親しまれています。 これらのアリアを題材に、ユーフォニアム・テューバ・カンパニー・カルテットとして初のレコーディング(2011年)のために書き下ろした編曲です。


[バリ・テューバ4重奏-アンサンブル楽譜] イノヴェーション
[バリ・テューバ4重奏-アンサンブル楽譜] イノヴェーション(戸田顕)

作品は急緩急の三つの部分に別れた5分未満の小品です。タイトルの「Innovation」は「刷新」、「新しい事」などの意味が有り、作曲者が受け取っている委嘱団体・東芝府中吹奏楽団のイメージを作品に表したつもりでしたが、偶然にも社内スローガンとして「Innovation」が掲げられているそうです。


[バリ・テューバ4重奏-アンサンブル楽譜] 大地の踊り、天の祈り
[バリ・テューバ4重奏-アンサンブル楽譜] 大地の踊り、天の祈り(三澤慶)

2つの音楽によって構成されたこの曲は、タイトルにある「大地の踊り」と「天の祈り」を対比的に表現したものです。「大地の踊り」では、土俗的・原始的な「祭り」の風景をイメージし、人間の営みや喜びといった、いわば、「世俗性」を、それに対して「天の祈り」では、ミサ曲の1部分「Sanctus」から印象を得たフレーズにより、人智の及ばない「崇高性」を、それぞれ表現しています。


[バリ・テューバ4重奏-アンサンブル楽譜] ラ〜メン・ヌードルズ
[バリ・テューバ4重奏-アンサンブル楽譜] ラ〜メン・ヌードルズ (八木澤教司)

・第1楽章:やっぱり塩、煮卵トッピング!
・第2楽章:ネギたっぷりの味噌
・第3楽章:こってり豚骨チャーシュー 
・第4楽章:たまには醤油、ライス付 

近年、アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国を訪れるようになり改めて日本のラーメンの人気が高いことを実感します。私自身もラーメンは大好きですが、何よりもユーフォニアム、テューバを演奏する人々にはラーメン好きが多い。各地を訪れ初対面であってもこのパートの人々とはラーメン談義で盛り上がり「八木澤さん、いつかラーメンをテーマに曲を書いてくださいよ!」という流れになることも、しばしば。実は海外で出会ったこのパートの奏者もラーメン好きが本当に多い!言葉は違えどもラーメンを愛する気持ちは一緒なんだと感動?し、今回このテーマでの作曲を試みました。ぜひ練習の合間には皆さんでラーメンを食べて盛り上がってください。笑顔の絶えない素敵な演奏を期待しています!




るんるん木管
[木管3重奏-アンサンブル楽譜] 孤独の演習
[木管3重奏-アンサンブル楽譜] 孤独の演習(井澗昌樹)

"この編成での作曲は二度目である。前作「詩曲II」が多分に観念的であった為、本作品は奇を衒わず、素直に感情的であることを目指している。また、“演習”に対して“円周”というイメージも併せ持って作曲したことを記しておきたい。クラリネットのパート譜には A / B 管の2種用意されているが、技術的にはどちらの管も一長一短であると思う。特に指定はないが、大凡 A 管を想定している。アンサンブルコンテストにて使用される場合、間の取り方によっては制限時間を超えることもあるだろう(初演時がそうであったように・・)。その場合、練習番号 T を丸々カットすること。それ以外は認められない。


[木管5重奏-アンサンブル楽譜] メセナの丘で
[木管5重奏-アンサンブル楽譜] メセナの丘で(荒川洋)

長野県須坂市にあるメセナホールオーケストラのオープニングセレモニーのために作曲。このホールは須坂市の小高い丘に位置する素敵なホール。この街の人や他の地域から、素敵な音楽を聴きに坂を登り、ホールにやってくる様を描いた。




るんるん金管
[金管7重奏-アンサンブル楽譜] シラノ・ド・ベルジュラックの音楽
[金管7重奏-アンサンブル楽譜] シラノ・ド・ベルジュラックの音楽(福田洋介)

エドモン・ロスタン作による韻文戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」を演劇化し1997年に上演した際に使用した、サウンドトラックをもとに金管7重奏版を作成しました。題名の通り、17世紀フランスに実在した剣豪作家、シラノ・ド・ベルジュラックを主人公にしているお話です。舞台がフランスであることもあって、フランス近代音楽への憧憬が詰まった楽曲といえます。劇中の音楽から4つのイメージを抽出しました。金管アンサンブルのスコアにしては難易度が高いと思います。跳躍の多いモチーフはぜひドラマチックに(果敢に!)演奏してください。またミュートを使用してサウンドに立体感を持たせているため、バランスのとり方も難しくなりますのでご容赦ください。また、Trp.1のFlugel Horn持ち替えはオプション扱いです。ミュートのストレートとカップの2種類を指定していますが、他のタイプで演奏しても効果が多用になりますので是非お試しください。


[金管8重奏-アンサンブル楽譜] クロス
[金管8重奏-アンサンブル楽譜] クロス(石毛里佳)

20歳の時に書いた曲を引っ張り出してきました。改めて楽譜をみると、全員吹きっぱなし…。出版にあたっては、途中息継ぎが辛そうな箇所など、少し音を抜きました。カッコいい曲が書きたかった、という感じが出ているかと思います。


[金管8重奏-アンサンブル楽譜] マンモス・ケーブの軌跡
[金管8重奏-アンサンブル楽譜] マンモス・ケーブの軌跡(片岡寛晶)

アメリカに存在する世界で最も長い洞窟、マンモス・ケーブ。言葉はなくとも、自然遺産からのメッセージは、私達の心に響き届くものがあります。皆さんは、その声が聞こえますか?冒頭のファンファーレは、豊かな響きで堂々と。CからのHr.ソロは、あまりテンポに拘らず自由に。Dからは、6/8+3/4と書いていますが、あくまで拍感としてとらえるようにしてください。練習では、6/8を3/4として考えると、リズムの噛み合いがうまくいくと思います。KからのPiu mossoは、若干accell.気味でAllargandoへ向かっていくと、よりドラマチックに仕上がるのではないでしょうか!マンモス・ケーブの情景を思い描き、8人の音楽で自由に語ってみてください。素敵な軌跡が聞こえてくると良いですね!


[金管8重奏-アンサンブル楽譜] キャッツ・アイ
[金管8重奏-アンサンブル楽譜] キャッツ・アイ (高橋宏樹)

曲は大きく「A‐B‐A'(急‐緩‐急)」の3つの部分からできています。A部分では4分の5拍子、4分の3拍子、4分の4拍子による軽快な曲想が次々に現われ、B部分(中間部)では、A部分で登場した様々なティーフがスローテンポの中で形を変えながら現われます。再びAに戻ると(A'部分)、終盤ではGrandiosoによる壮大なフィナーレが奏され、最後は急速な変拍子によってスピーディーに曲が締めくくられます。各パートとも、ハイトーンや高速音型などのような高い技術が求められる部分は少ないのですが、多パートによる厚いテンションコードの構築やベルトーンなど、高いアンサンブル能力が求められる部分が数多くあります。したがって演奏にあたっては、各メンバーがパート譜のみに頼ることなく、フルスコアを十分に分析して全体のアンサンブル構造をしっかりと把握し、一体感のあるアンサンブルを目指してください。


[金管8重奏-アンサンブル楽譜] アレハンドロ
[金管8重奏-アンサンブル楽譜] アレハンドロ(広瀬勇人)

この作品は、金管アンサンブル「ブラス・コンセプト」のCD録音の為に書き下ろしました。タイトルの「アレハンドロ」は「アレクサンドロス」を語源とするスペイン語圏の男性の名前です。作曲者の自由な発想で、架空のアレハンドロ少年が、自分と同じ名前を持つアレクサンドロス大王(アレクサンドロス3世、古代マケドニアの王)の輝かしい栄光を自分の未来になぞらえ、将来の自分の活躍をあれこれ想像する、といった光景を描いています。曲は序奏を加えた急・緩・急の三部形式で、難易度も高くなく、楽器初心者から上級者まで幅広く楽しんで演奏できる内容となっています。変拍子の速いノリに慣れ、疾走感とフレーズが感じられる演奏を心掛けると作品の持ち味が一層際立つでしょう。


[金管8重奏-アンサンブル楽譜] コラールとトッカータ
[金管8重奏-アンサンブル楽譜] コラールとトッカータ(福島弘和)

自作の吹奏楽曲「嘆きと祈り」(小編成)から引用して作りました。コラール=嘆き トッカータ=祈り のイメージで演奏してください。コラールはサウンド、ブレンド感を大切に、トッカータは、音の長さ、リズムの歯切れの良さを大切にしてください。


[金管8重奏-アンサンブル楽譜] 石が見たもの
[金管8重奏-アンサンブル楽譜] 石が見たもの(三浦秀秋)

京都・龍安寺に、龍安寺方丈庭園、いわゆる「龍安寺の石庭」があります。幅約25メートル、奥行き約10メートルの空間に、一切の草木を使わず、白砂を敷いて帚目を付け、大小15個の石を5ヶ所に分けて配するという、極めてシンプルな庭です。その簡素で抽象的な佇まいから、見る者は想像力を掻き立てられ、様々な解釈をさせられます。本曲はこの石庭に倣い、金管楽器の様々な和音をこの15個の石のごとく簡素に配し、その様子から演奏者や聴衆に思い思いの解釈が生まれるようなものを目指して作曲しました。2011年、CD「Brass Concept」のため作曲。





というわけで、本日は8月19日発売のブレーンアンサンブルコレクション楽譜のご紹介でした。
ご予約お待ちしております。

この週末も各地でコンクールが目白押しですね。どの海上にもいい音が一杯に響き渡るよう全国へ向けてエールを送りたいと思います。
そういえば、地元も今週末はコンクールだなぁ。応援に行けなくてごめん。。。

それではよい週末を!






posted by fostermusic at 18:31| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

本日発売♪金山徹「プリズムマーチ」田川伸一郎編「芸術家の生涯」「シャンパン・ギャロップ」小栗克裕編「バルカローレinジャズ(Cl.7)」

メルマガ配信いたしました〜。
本日4作品発売でございます。

top.jpg


金山徹
プリズムマーチ

田川伸一郎編
芸術家の生涯
シャンパン・ギャロップ

小栗克裕編
バルカローレ in ジャズ」(Cl.4)



詳しくは8月1日のこちらの記事をご覧頂ければ幸いです。
オシャレな作品が揃っていますので、是非チャレンジしてみてくださいね。



なんだかここ数日USTREAMづいている私ですが、なんと今日から4日間宮城県大会が配信されていると言うこと今日知り、半日聞きながら作業をしていました。
アナウンスが入らないので、どこの団体が演奏しているのか分からなかったのですが、甲乙つけがたい好演揃いでした。
どうせなら結果発表も見たいところですが、その配信はなくちょっと残念。

しかしコンクールがUSTとは、時代は変わりましたね〜。
そのうちUSTで全国大会とかもできちゃったりして。審査員は観てる人、みたいな。
時代の波についていくのに必死な今日この頃です(笑)



配信、といえば今日は嬉しいお電話を頂きました!
TBS系放送局が主催するこども音楽コンクールに出場される、茨城の三の丸小学校の先生から配信許諾の件でご相談があったので詳細をお聞きしていたのですが、そのあとおもむろに「ブログを書いていらっしゃる方はどなたですか?」と尋ねられ、「私(榊本)ですが・・・」と言うと、2年ほど前に私が書いた記事の内容がとても嬉しくてこどもたちの励みになりましたとのこと。
(なんかまずいことでも書いただろうか)と一瞬ビクッとなりましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

正直何を書いたのかすっかり忘れていたのですが、東関東バンドセッションのレポートでした。
読み返してみてあの演奏が蘇り、親戚でもないのに涙ぐみながら聞かせていただいたことを思い出しました。
子供たちが本当にキラキラしていて、先生の熱心な指導や親御さんが応援する姿まで目に浮かぶようでした。

こども音楽コンクールでもきっと素敵な演奏を響かせてくれることでしょう。


あ、肝心の配信のことですが、なんと私がほぼ毎日愛聴しているOttavaで配信されるそうです。
そういえばTBSがやっているんでした。
これまではラジオでの放送だけだったのですが、昨年から試験的にインターネット配信を開始したとのこと。
今特設サイトでは昨年各ブロックで最優秀賞に輝いた学校の演奏がストリーミング配信されています。

今年の演奏は8月下旬から順次放送とのこと。チェックします!


インターネット技術の進化とともに音楽に触れる環境はどんどん変わっていきますが、やっぱり生で聞く感動は格別!
というわけで、明日は千葉県大会の高校A部門を聞きに再び千葉文化会館へ行って参ります。





posted by fostermusic at 19:24| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

新譜情報:2011/8/4発売 吹奏楽譜&アンサンブル譜

本日2度目の更新!
8月に入りまして、急にアンサンブルや演奏会プログラムのご注文が増えました。
季節が動いたなと感じる8月初日の今日、8月4日発売の新譜のご案内です!


アンコンでチャレンジしていただきたいクラリネット7重奏が1点と、演奏会にオススメの吹奏楽が3点ございます。

まずはアンサンブルから。
チャイコフスキーの名曲をジャズアレンジしたこちら↓
[クラリネット7重奏-アンサンブル楽譜] バルカローレ in ジャズ:

[クラリネット7重奏-アンサンブル楽譜] バルカローレ in ジャズ(ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー arr. 小栗克裕)
ピョートル・チャイコフスキー(1840〜1893)の『四季』−12の性格的描写 / Les saisons - 12 Morceaux caracteristiques 作品37bの「6月 舟歌 / "Barcarolle"」を「世田谷おぼっちゃまーず」の委嘱によってクラリネット7重奏にジャズアレンジしたものです。

「世田谷おぼっちゃまーず」は2008年3月20日に行なわれた全日本アンサンブルコンテスト全国大会一般部門で同曲を演奏し、金賞を受賞いたしました。それ以来、数々の団によってアンサンブルコンテストを中心に演奏されています。



委嘱元である世田谷おぼっちゃまーずの演奏はこちらで聞けます。



易しいアレンジではありませんが、全国大会を目指すクラリネットチームに是非挑戦していただきたい一曲です。





次はヨーロッパの香漂う2作品
[吹奏楽-販売譜] 芸術家の生涯: Künstlerleben Op.316

[吹奏楽-販売譜] 芸術家の生涯(ヨハン・シュトラウス2世 arr. 田川伸一郎)
ウィーンの芸術家協会「ヘルパルス」の舞踏会のために書かれた作品です。ヨハン・シュトラウス2世の他の多くのワルツ作品と同様、序奏・5つのワルツ・コーダという形式で書かれており、静かなホルンによる信号をオーボエやクラリネットが受けて始まり、シンプルで明快なワルツが続いていきます。

 このアレンジでは、多くの方々(特に、若い方々)に、おしゃれなクラシック音楽の演奏を楽しんでいただきたいという願いから、小編成でも演奏できること(トランペット、ホルン、トロンボーンは2パート。オーボエ、バスーン、マリンバ、グロッケンはなくても演奏できます。)、原調より長二度下げて、B♭、F、E♭だけの調で演奏できるようにしたことなどの配慮をいたしました。

 ウィンナーワルツの特徴は、2拍目が機械的な拍の流れよりも早く打ち込まれることですが、原曲の音源を聴いてその雰囲気や感覚を味わうことを大切にしながらも、そのことにはあまりこだわらずに、シュトラウスのワルツに親しんでいただくことをお勧めします。

 コンクールで演奏されるクラシック音楽のアレンジ曲とは別の魅力を味わってみてください。



[吹奏楽-販売譜] シャンパン・ギャロップ: Champagnegalop, Op. 14

[吹奏楽-販売譜] シャンパン・ギャロップ(ハンス・クリスチャン・ロンビ arr. 田川伸一郎)
ハンス・クリスチャン・ロンビ(1810〜1874)は、ワルツやポルカ、マズルカ、ギャロップなどを残し、「北国のヨハン・シュトラウス」の異名をとるデンマークの作曲家です。

元々は、ヴァイオリンやトランペットの演奏をしていたロンビでしたが、ウィーンでヨハン・シュトラウス2世の作品に接し、それ以降は、舞曲を中心とした作曲家に転向しました。ロンビは、親しみやすい軽音楽の作曲にも力を入れ、音楽外の要素も楽しく取り入れていますが、その代表作である『シャンパン・ギャロップ』では、あの「シャンパンを抜いた時のポンという音」を加えています。

 2010年のウィーンフィル「ニューイヤーコンサート」でもこの曲が演奏され、聴衆の大喝采を浴びたことは記憶に新しいことです。皆様のコンサートでもぜひ取り上げていただき、「ポン」の工夫やパーティーらしい紙テープや紙吹雪の使用などによって、楽しくおしゃれに盛り上げていただければと思います。



演奏会をオシャレに彩ってくることうけあいです。






もう一曲は金山徹さんのオリジナルマーチ。

[吹奏楽-販売譜] プリズム・マーチ: Prism March

[吹奏楽-販売譜] プリズム・マーチ(金山徹)
このマーチは、ラジオドラマのBGMの1曲としてコンピュータ音源で作ったものが元になっていますが、吹奏楽版を作るにあたっては、新たにメロディーやオブリガートなどを書き加えました。最初のメロディーは、往年のクレイジーキャッツのサウンドをイメージしています。和音外の音が頻出しますが、これで正解ですので自信を持って演奏して下さい。全体を通して、マーチによく出てくるキメのリズムが使われていますが、マーチ全体に対するパロディの意味もありますので、必要以上に強調してみるのも面白いと思います。



おもちゃの楽隊がパレードをしているような軽快でコミカルなマーチです。アンコールなどにもオススメ。
こちらは試聴もできますので、是非聞いてみてくださいね。



以上新作のご案内でした。ご予約お待ちしております!!
posted by fostermusic at 18:15| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

[新譜情報]7/14発売 アンサンブル譜4タイトル予約受付開始しました


ども〜。相変わらず暑いですね。
梅雨の野郎はどうも戻ってくる気配はなさそうだと思いきや、九州では豪雨が悪さを働いてるようで、九州の皆さん大丈夫ですか?
外出されるときはホントに気をつけて無理しないようにして下さいね。

さて、弊社では冷房に極力頼らず涼しい顔で仕事するために、タコパンマンとおそろいで「ひんやり座布団」を注文しました。
買ったのはこれ↓

2〜3日で届くと思うのですが、効果の程は追ってご報告しますね。



今日は来週14日発売のアンサンブル譜のご案内で〜す!

こちらは工夫を凝らした楽しい童謡のメドレーです。今後「海」をテーマにした続編の編曲も企画されているということなので乞うご期待です。
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] ファンタスティック・ズー!〜動物童謡メドレー: Fantastic Zoo
[クラリネット8重奏-アンサンブル楽譜] ファンタスティック・ズー!〜動物童謡メドレー( arr. 坂井貴祐)

動物が登場する童謡の中から数曲を選んだ約5分のメドレーです。「犬」「象」「子りす」「たぬき」「かもめ」「カラス」・・さてどんな動物たちが登場するのでしょうか。
2009年6月13日に川越西文化会館にて行われた「クラリネットアンサンブル諷雅ファミリーコンサート」にて初演。
るんるん収録曲:犬のおまわりさん〜ぞうさん〜山の音楽家〜しょうじょう寺のたぬきばやし〜かもめの水兵さん〜七つの子〜お猿のかごや〜うさぎとかめ〜かたつむり〜金太郎〜森のくまさん〜かえるのうた


こちらもメドレー。アンダーソンお馴染みの8曲をメドレーにしたアンサンブルです。幅広い層に楽しんでいただけること間違いなし!
[サクソフォン4重奏-アンサンブル楽譜] アンダーソングライター〜ルロイ・アンダーソン メドレー〜: Leroy Anderson Medley
[サクソフォン4重奏-アンサンブル楽譜] アンダーソングライター〜ルロイ・アンダーソン メドレー〜(ルロイ・アンダーソン arr. 柏原卓之)

4重奏+打楽器の編成ですが、打楽器パートがない場合でも演奏可能です。
るんるん収録曲:プロムナード 〜 タイプライター 〜 ブルー・タンゴ 〜 サンドペーパー・バレエ〜 ワルツィング・キャット 〜 シンコペイテッド・クロック 〜 ラッパ吹きの休日


お次はバッハ。
[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] イタリア協奏曲: Italian Concerto -F major BWV 971
[サクソフォン8重奏-アンサンブル楽譜] イタリア協奏曲(ヨハン・セバスティアン・バッハ arr. 柏原卓之)

原曲はチェンバロのための3楽章の協奏曲で、今日たいへん親しまれているバッハの鍵盤作品です。チェンバロとピアノのみならずほかのアンサンブルにも広く編曲、演奏されています。
技術的にも音楽的にも難易度の高い作品ですが、多くの方に取り組んでいただきたい名作です。

I. Allegro
II. Andate
III. Prest


これはアンサンブルコンテストでも人気が出そうです!吹奏楽コンクールでもお馴染みのレパートリーですね。
[金管8重奏-アンサンブル楽譜] 金管8重奏のための歌劇「トゥーランドット」より:
[金管8重奏-アンサンブル楽譜] 金管8重奏のための歌劇「トゥーランドット」より(ジャコモ・プッチーニ arr. 渡部哲哉)

この音楽は1920年頃から書き始めたと言われていますが、度重なるスランプやアクシデントなどにより完成は遅れました。その後作曲は続けましたが喉頭ガンを患い、1924年にプッチーニは息を引き取りました。プッチーニの死後、アルファーノが補筆をし1926年に完成。初演は1926年4月、ミラノ・スカラ座です。トリノオリンピックの女子フィギュアスケートで、荒川静香選手が金メダルを取り世界的に人気となりました。




今年第1弾のアンサンブル新譜のご紹介でした。
これから続々と新刊の発売を予定していますので、どうぞお楽しみに。



posted by fostermusic at 16:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽譜情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする